釈迦牟尼とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 難読語辞典 > 釈迦牟尼の意味・解説 

しゃかむに 【釈迦牟尼】 ○

Śākyamuni 釈迦族聖者の意〕 釈迦尊称釈尊


釈迦牟尼

読み方:シャカムニ(shakamuni)

仏教開祖


釈迦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/08/08 16:08 UTC 版)

(釈迦牟尼 から転送)

釈迦(しゃか)は、紀元前5世紀ごろの北インドの人物で、仏教開祖である。


[ヘルプ]

脚注

  1. ^ 1898年、ピプラーワーで、イギリスの駐在官ペッペが発見した遺骨の壺は、考古学的な鑑定の結果、現在では真の仏舎利として最も信憑性があるとされている(中村(1970)および外務省HP参照)。この壺は当時のイギリス領インド政府からタイ王室に譲り渡され、仏舎利の一部は日本では覚王山日泰寺に納められている。参考:外務省HP:日泰寺

出典

  1. ^ The Life of Buddha as Legend and History, p. 23, - Google ブックス
  2. ^ 中村(1984), 解説より。
  3. ^ 中村(1970) 武田龍1998
  4. ^ 参考:外務省HP:日泰寺
  5. ^ 南北両伝の間には約百年の違いがあるが、これを会通し、万人を納得せしめる結論を導き出すことは、現在としては不可能である。平川(1974), p.33.
  6. ^ 仏滅年代論については、異説がきわめて多く、百種以上ある。中村(1992a), p.107.
  7. ^ 図解仏教成美堂出版14頁
  8. ^ 図解仏教成美堂出版15頁
  9. ^ 図解仏教成美堂出版16頁
  10. ^ 図解仏教成美堂出版17頁
  11. ^ DN II mahāparinibbānasuttaṃ 51 [1], PTS Page 100, 中村元 訳『ブッダ最後の旅』p62 第二章二十五
  12. ^ DN II mahāparinibbānasuttaṃ 52 [2], PTS Page 100, 中村元 訳『ブッダ最後の旅』p63 第二章二十六
  13. ^ DN II mahāparinibbānasuttaṃ 53 [3], PTS Page 100, 中村元 訳『ブッダ最後の旅』p63 第二章二十六
  14. ^ DN II mahāparinibbānasuttaṃ 54 [4], PTS Page 100, 中村元 訳『ブッダ最後の旅』p64 第二章二十六
  15. ^ DN II mahāparinibbānasuttaṃ 55-56 [5], PTS Page 102-103, 中村元 訳『ブッダ最後の旅』p65-66 第三章一~三
  16. ^ ポーロ&月村ほか(1998), p.156. fr.2810写本による。
  17. ^ ポーロ&愛宕(2000), p.206.
  18. ^ a b c d 高橋(1997), pp.215 f.
  19. ^ 籔内佐斗司『仏像礼讃』2015年、大和書房、21頁
  20. ^ ラホール博物館






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

釈迦牟尼に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「釈迦牟尼」の関連用語

釈迦牟尼のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

サルテ

並進可

宇宙開発事業団

第五しょうどしま丸

宇治平等院表参道茶のかおり

瀬戸内海国立公園

エスプレッソ

卯月





釈迦牟尼のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2015 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの釈迦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2015 Weblio RSS