醤油しぼりぶねとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 食物 > 調味料 > 醤油 > 醤油しぼりぶねの意味・解説 

醤油しぼりぶね (しょうゆしぼりぶね)

醤油しぼりぶね 明治大正自給自足時代に、味噌醤油自家製であった。当時醤油しぼりに使われた用具で、木箱底板には、もろみからしぼった醤油流れすいように溝が掘ってある。最初に出る醤油を一番しぼり、その後のものを二番しぼりといい、品質により分けていた。昭和前期まで利用された。地方名は、醤油箱、たまり箱という。もろみを布袋に入れ、この容器の中で重しをかけてしぼった。昭和10年代まで使用した。高さ36cm、幅60cm、奥行40cmの木製である。





醤油しぼりぶねと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

醤油しぼりぶねのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

籠

杷柳剥皮器

肥料桶

種籾播種機

ハモ

稚蚕用糸網

破碎器

洗桶





醤油しぼりぶねのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
農林水産研究情報総合センター農林水産研究情報総合センター
Copyright (C) Agriculture, Forestry and Fisheries Research Information Technology Center. All rights reserved.

©2016 Weblio RSS