鄧小平とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 国語辞典 > 鄧小平の意味・解説 

トウ小平

(鄧小平 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/15 13:28 UTC 版)

鄧 小平(とう しょうへい、中国語読み:ドン シャオピン 、IPA:[tɤŋ ɕjɑʊ pʰiŋ]、1904年8月22日 - 1997年2月19日)は、中華人民共和国の政治家。中華人民共和国を建国した毛沢東の死後、事実上の中華人民共和国の最高指導者となる。毛沢東が発動した文化大革命によって疲弊した中華人民共和国の再建に取り組み、「改革開放」政策を推進して社会主義経済の下に市場経済の導入を図るなど、同国の現代化建設の礎を築いた。




[ヘルプ]
  1. ^ この日、第1期全国人民代表大会第1回会議において政務院総理の周恩来が国務院総理に就任して国務院が成立。第1期全人代第1回会議の最終日である翌日、国務院副総理・秘書長の選出が行われた。副総理・閣僚・秘書長らが正式に任命されたのは9月29日
  2. ^ “著名共産党人改名趣事:鄧小平幼時叫“鄧先聖””. 人民網. (2009−01ー15). http://culture.people.com.cn/GB/40479/40482/8680378.html 2017年9月23日閲覧。 
  3. ^ 伊藤正『鄧小平秘録』、25ページ。
  4. ^ “1978年日本の旅――鄧小平氏が訪日で学んだもの”. 人民網. (2008年12月3日). http://j.people.com.cn/95911/95954/6545780.html 2016年11月5日閲覧。 
  5. ^ 天児慧『巨龍の胎動 毛沢東VS鄧小平』、247ページ。
  6. ^ 1982年9月に開催された第12回党大会における党規約改正で党主席制が廃止され、党の最高ポストとして中央委員会総書記が設置された。
  7. ^ 『鄧小平秘録』、26ページ。
  8. ^ 実際の発言は「白猫」ではなく「黄猫」である(矢吹晋『鄧小平』、講談社現代新書版71-72ページ)。
  9. ^ 「中曽根首相・鄧主任の会談要旨」朝日新聞、1984年3月26日
  10. ^ 笠原十九司『体験者27人が語る南京事件』高文研
  11. ^ “大陸部との統一交渉を内密に進めた蒋経国”. 人民網. (2009年4月14日). http://j.people.com.cn/94475/6636761.html 2016年10月21日閲覧。 
  12. ^ 「鄧小平会見竹下登時説中日関係応以相互信任為基礎」人民日報、1988年8月26日
  13. ^ 王坤「中国側から見る日中経済協力 : 1979~1988年の『人民日報』の対中ODA 報道を中心に」OUFCブックレット 3, 313頁, 2014-03-10
  14. ^ 白書「中国の平和的発展の道」
  15. ^ 「鄧小平氏の教訓」、『読売新聞』2011年1月12日付論点。
  16. ^ 中国から見た日米同盟体制 - 防衛省防衛研究所
  17. ^ 『鈴木善幸回願録』p155
  18. ^ 入江相政日記241頁
  19. ^ 城山英巳『中国共産党「天皇工作」秘録』8頁
  20. ^ “相互依存の韓日関係”. 東洋経済日報. (2009年6月12日). http://www.toyo-keizai.co.jp/news/opinion/2009/post_1919.php 2016年9月27日閲覧。 
  21. ^ 河信基『証言「北」ビジネス裏外交--金正日と稲山嘉寛、小泉、金丸をつなぐもの』第5章175頁、講談社、2008年
  22. ^ “韓中の国防部間にホットライン開通 北朝鮮対応で連携”. 聯合ニュース. (2015年12月31日). http://japanese.yonhapnews.co.kr/Politics2/2015/12/31/0900000000AJP20151231001000882.HTML 2016年9月27日閲覧。 
  23. ^ “「遠のく鄧小平時代」”. 日本財団会長笹川陽平ブログ. (2009年1月23日). http://blog.canpan.info/sasakawa/archive/1735 2016年10月18日閲覧。 
  24. ^ a b 五味洋治「中国は北朝鮮を止められるか: 中朝愛憎の60年を追う」第5章151-159頁 2010年6月 晩聲社 ISBN 978-4891883485
  25. ^ “【秘録金正日(47)】中国の改革解放を「共産主義捨てた」と一蹴 トウ小平は「なんてばかなやつだ」と激怒”. 産経新聞. (2015年10月23日). http://www.sankei.com/premium/news/151020/prm1510200004-n5.html 2016年10月18日閲覧。 
  26. ^ 徐鵬「鄧小平:從抗日主將到推動中日友好的歷史巨人」『中国共産党新聞』(『人民網』)、2012年9月24日閲覧。


「トウ小平」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「鄧小平」の関連用語

鄧小平のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

薄層コンクリート工法

ツクモミノウミウシ

スクエア包みの応用

タテゴトアザラシ

日野ブルーリボンII

焼き付け塗装

ニュー四国

練習潜水艦「あさしお」型





鄧小平のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのトウ小平 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS