都筑道夫とは?

都筑道夫(つづき・みちお)

本名松岡巌。1929年(昭4)、東京生まれ。兄は落語家鶯春亭梅橋他殺クラブ会員SFグループおめがクラブ会員。別名小林昌夫、鶴川匡介、伊東映昌、結城勉、ジェフエバンス、フィリスマクワゴン、リチャードフィネガンなど。
1947年(昭22)、雑誌スバル」の編集従事
1949年(昭24)から淡路龍太郎などの名で「魔海風雲録」(1954年(昭29))などの時代小説発表大坪砂男師事する。大坪砂男新宿花園街の三畳間から引っ越したあとは、同じ建物に移る。
1956年(昭31)、早川書房入社し、「エラリークイーンズミステリマガジン」の編集従事し、翻訳や「女を逃がすな」(1958年(昭33))発表
1957年(昭32)、渡辺啓助矢野徹とともにSF同人誌科学雑誌」を発行発行団体は「おめがクラブ」。
1962年(昭37)に刊行した「誘拐作戦」が、1963年(昭38)に第16日本推理作家協会賞候補となる。同時にヒッチコックマガジン」の1962年ベストで3位に選ばれている。
1963年(昭38)、「三重露出」を刊行
1968年(昭43)、「なめくじ長屋捕物さわぎ」シリーズを「推理界」で開始
1969年(昭44)に「推理」に発表した「死体と寝たい」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1970年版」に収録される。
1969年(昭44)に「サンデー毎日読物専科」に発表した「羅生門河岸」は日本文藝家協会の「代表作時代小説 昭和45年度」に収録される。
1969年(昭44)に刊行した「ちみどろ砂絵」が1970年(昭45)に第23日本推理作家協会賞候補となる。
1970年(昭45)に刊行した「くらやみ砂絵」が1971年(昭46)、第24日本推理作家協会賞候補となる。
1970年(昭45)に「推理界」に発表した「小梅富士」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1971年版」に収録される。
1972年(昭47)に刊行した「七十五羽の」が、1973年(昭48)に第26日本推理作家協会賞候補となる。
1972年(昭47)に「増刊推理」に発表した「九段の母」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1973年版」に収録される。
1973年(昭48)に「問題小説」に発表した「退職刑事」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1974年版」に収録される。
1974年(昭49)に「小説宝石盛夏号」に発表した「蝋いろの顔」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1975年版」に収録される。
1974年(昭49)に「小説推理」に発表した「キリオンスレイの復活と死」(情事公開同盟)が1975年(昭50)に第28日本推理作家協会賞候補となる。
1975年(昭50)に「小説クラブ」に発表した「退職刑事」(壜のなかの密室)が1976年(昭51)に第29日本推理作家協会賞短編賞の候補となる。また、1976年(昭51)、「黄色部屋はいかに改装されたか?」が第29日本推理作家協会賞評論賞の候補となる。
1976年(昭51)に「小説新潮」に発表した「みぞれ河岸」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1977年版」に収録される。
1977年(昭52)に「小説新潮」に発表した「日光写真」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1978年版」に収録される。
1978年(昭53)に「野性時代」に発表した「風に揺れるぶらんこ」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1979年版」に収録される。
1979年(昭54)に「小説現代」に発表した「「殺人事件盗難事件」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1980年版」に収録される。
1980年(昭55)に「小説推理」に発表した「首くくりの木」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1981年版」に収録される。
1982年(昭57)に「問題小説」に発表した「マジックボックス」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1983年版」に収録される。
1982年(昭57)に「小説新潮」に発表した「仮面シルビア」は日本文藝家協会の「ザエンターテインメント 1983」に収録される。
1983年(昭58)に発表した「キリオンスレイの敗北逆襲」が1984年(昭59)、第37日本推理作家協会賞長編部門候補となる。
1986年(昭61)に「EQ」に発表した「いの一番大吉」は日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1987年版」に収録される。
1989年(平1)に「オール讀物」に発表した「西郷星」が1990年(平2)に第43日本推理作家協会賞短編部門候補となる。同時に日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1990年版」に収録される。
1991年(平3)に「小説新潮」に発表した「うそつき」は日本文藝家協会の「現代小説 1992」に収録される。
2000年(平12)に発表した「推理作家出来るまで」が2001年(平13)、第54日本推理作家協会賞評論その他部門受賞
2002年(平14)、第6回日本ミステリー文学大賞受賞
2003年(平15)、動脈硬化による心臓麻痺のため死去



都筑道夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/09 04:11 UTC 版)

都筑 道夫(つづき みちお、1929年7月6日 - 2003年11月27日)は、日本推理作家SF作家東京市出身。本名松岡 巖(まつおか いわお)。別名に小林 菖夫淡路 瑛一柴田 梅玉伊藤 照夫など。実兄(松岡勤治)は、夭折した落語家鶯春亭梅橋関口台町小学校の同学年に越智通雄がいる。




  1. ^ 高井信『ショートショートの世界』P.81
  2. ^ 1957年から1962年山村正夫が内外タイムス記者時に取材した事件で、殺人被害者の女性が男物ブリーフを履かされていた異様な事件を都筑に話し、短編化してシリーズ端緒となった。『わが懐旧のイタ・セクスアリス 小説作法・小説教室』山村正夫 P.96-98 1998年11月 ケイエスエス
  3. ^ 『黄色い部屋はいかに改装されたか?』
  4. ^ 『黄色い部屋はいかに改装されたか?』
  5. ^ 戸川安宣『ぼくのミステリ・クロニクル』P.31


「都筑道夫」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

都筑道夫に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「都筑道夫」の関連用語

都筑道夫のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

探偵小説

探偵趣味

ヒッチコック・マガジン

密室

探偵・映画

黒猫

宝石

探偵文芸





都筑道夫のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
探偵小説専門誌「幻影城」と日本の探偵作家たち探偵小説専門誌「幻影城」と日本の探偵作家たち
この記事は「探偵小説専門誌「幻影城」と日本の探偵作家たち」の記事を転載しております。
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの都筑道夫 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS