郵政民営化とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 郵政民営化の意味・解説 

郵政民営化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/10/11 11:30 UTC 版)

郵政民営化(ゆうせいみんえいか)は、従来国営で行われてきた郵政事業を組織構成を組み換え、民間企業(必ずしも民有ではない)に改編することである。


[ヘルプ]

注釈

  1. ^ ただし、JPエクスプレスは2010年7月1日をもって会社清算した。
  2. ^ 郵便貯金は集めた資金のほとんどを国債の運用に充てていたため、個人が国債を買うことは郵便貯金に資金を預け入れることとほぼ同じなのである。
  3. ^ 2005年統計で、総資産は郵便銀行18兆円、貯蓄銀行129兆円 (1EUR=130円換算)
  4. ^ 公営化された例としては2004年のフランクフルト貯蓄銀行、2003年に合併によって生じたヴェストホルシュタイン貯蓄銀行などがある。

出典

  1. ^ 「郵政民営化」とは '05/3/19 放送 - NHK週間こどもニュース(2007年11月7日時点のアーカイブ
  2. ^ a b 松原聡 『超ダイジェスト これならわかる!「郵政民営化」』 中央経済社、2005年11月。ISBN 9784502595301
  3. ^ 高橋洋一 2008, pp. 52-54.
  4. ^ 高橋洋一による解説。ミルトン・フリードマン 『資本主義と自由』 日経BP社〈Nikkei BP classics〉、2008年、376頁。ISBN 9784822246419 
  5. ^ 高橋洋一 2008, pp. 61-62.
  6. ^ a b c d 高橋洋一 2008, pp. 62-66.
  7. ^ 郵政民営化凍結法案を3党で共同提出 - 民主党、2007年8月9日。(2007年9月14日時点のアーカイブ
  8. ^ 3党で郵政民営化凍結 単独で年金流用禁止法案 - 産経新聞、2007年8月10日。[リンク切れ]
  9. ^ <民主党>参院先議へ3法案 「テロ特」対案見送り - 毎日新聞、2007年9月11日。[リンク切れ]
  10. ^ 郵政凍結法案、再提出を断念=民主との「統一会派」先送り-国民新 - 時事通信社、2007年9月19日。[リンク切れ]
  11. ^ 野党3党、郵政見直し法案を共同提出=民主・国民新、参院で統一会派 - 時事通信社、2007年10月23日。[リンク切れ]
  12. ^ 国民新、民主と統一会派解消も=郵政見直し法案、付託しない場合 - 時事通信社、2007年11月7日。[リンク切れ]
  13. ^ 野党の郵政見直し法案を可決=参院委 - 時事通信社、2007年12月11日。[リンク切れ]
  14. ^ <郵政民営化>見直し法案、賛成多数で可決 参院本会議 - 毎日新聞、2007年12月12日。[リンク切れ]
  15. ^ a b 「ぶれる首相」またも=自民内からはため息 - 時事ドットコム(時事通信社)、2009年2月5日。[リンク切れ]
  16. ^ a b 首相発言「ばかなこと言うな」=自民・武部氏 - 時事ドットコム(時事通信社)、2009年2月6日。[リンク切れ]
  17. ^ 小泉元首相:厳しく政権批判 郵政見直し「あきれた」 - 毎日新聞 2009年2月13日(2009年2月17日時点のアーカイブ
  18. ^ 解散反対閣僚別室で説得 首相、島村農相を罷免 : 総選挙2005 - YOMIURI ONLINE(読売新聞)、2005年8月9日。
  19. ^ 郵政4分社化見直し、野党3党共通政策 消費税率は据え置き - NIKKEI NET(日本経済新聞社)、2009年8月14日(2009年8月17日時点のアーカイブ
  20. ^ 亀井郵政相、西川社長と会談 郵政見直し説明、進退言及せず - NIKKEI NET(日本経済新聞社)、2009年10月19日[リンク切れ]
  21. ^ 日本郵政、次期社長に斎藤・元大蔵次官 亀井郵政相が発表 - NIKKEI NET(日本経済新聞社)、2009年10月21日(2009年10月24日時点のアーカイブ
  22. ^ 郵政人事「小沢氏への配慮」=野党、官僚OB起用を批判 - 時事通信 2009年10月21日[リンク切れ]
  23. ^ 新郵政「脱官僚」より「票集め」 - 産経エキスプレス 2009年10月22日(2009年10月24日時点のウェブ魚拓
  24. ^ 郵政事業の抜本的見直しに向けて~郵政改革関連3法案~ - 総務委員会調査室 2010年6月1日
  25. ^ 日本郵政ガバナンス検証委員会/日本郵政ガバナンス問題調査専門委員会(総務省HP)
  26. ^ 郵政民営化法の改正でこうなる”. 日本郵政株式会社. 2012年9月16日閲覧。
  27. ^ III 郵便局の設置、移転及び廃止の状況 - 日本郵政公社ホームページ(平成18年度事業報告書)。(2007年1月12日時点のアーカイブ
  28. ^ 郵便局の開局情報(2007年9月27日時点のアーカイブ
  29. ^ 日本郵政 郵便局数の推移(民営化以降の営業中の店舗)
  30. ^ <日本郵政> JR東と提携し、地方無人駅に簡易局設置を検討 - 毎日新聞 2007年10月26日[リンク切れ]
  31. ^ 郵便局の金融サービス 赤字補てん基金創設へ - 読売新聞、2005年2月10日。(2005年9月29日時点のアーカイブ
  32. ^ ニュースウオッチ9』 - 日本放送協会 2007年9月28日放送。[出典無効]
  33. ^ 週刊ダイヤモンド2007年12月22日号-特集「郵便局」を信じるな! 郵政民営化が日本を不幸にする
  34. ^ 日本郵政:郵便事業と郵便局で2万4000人削減計画 - 毎日新聞、2007年11月30日。(2007年12月15日時点のアーカイブ
  35. ^ 郵政民営化「凍結」法案・成果は「便乗値上げ」 - 日刊ゲンダイ、2007年8月27日。[リンク切れ]
  36. ^ 株式会社ゆうちょ銀行が提供する商品・サービス、料金等について - 郵便貯金ホームページおよび、郵便局にて無料配布(2007年6月28日時点のアーカイブ
  37. ^ 東京中央郵便局 日本独自のシンプルデザイン 民営化で解体危機 - 東京新聞、2007年9月3日。(2007年9月30日時点のアーカイブ
  38. ^ 郵便局の自動車保険 - 郵便局ホームページ
  39. ^ a b 高橋洋一 (2011-02-14). “非正規社員の雇い止めも飛び出した「再国有化」日本郵政「営業赤字」転落の実態 このままでは「第二のJAL」になる 高橋洋一「ニュースの深層」”. 現代ビジネス (講談社). http://gendai.ismedia.jp/articles/-/2076?page=3. 
  40. ^ 千代田文矢 「民営郵政トップは独裁者!? 三井住友贔屓で不協和音」 - サイゾー、2007年11月6日。
  41. ^ ひとりを愛せる日本へ。 - 日本郵政グループホームページ
  42. ^ 民営化に関する郵便局からのお知らせ - 日本郵政公社ホームページ(2007年9月28日時点のアーカイブ
  43. ^ 信じられる日本へ - 新党日本ホームページ(2005年12月30日時点のアーカイブ
  44. ^ “英政府、ロイヤルメールを2―3年以内に民営化する見通し=FT紙”. Reuters. (2010年7月23日). http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPJAPAN-16416920100723 2013年10月11日閲覧。 
  45. ^ “英郵便会社が上場・民営化=投資家に人気、初値36%高”. 時事通信. (2013年10月11日). http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2013101100786 2013年10月11日閲覧。 
  46. ^ a b 在ハンガリー日本国大使館"Monthly Review 政治・経済月報(6月号)" 2008年7月(2012年6月4日閲覧)[リンク切れ]






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

郵政民営化に関連した本

郵政民営化に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「郵政民営化」の関連用語

郵政民営化のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




郵政民営化のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの郵政民営化 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS