邪術とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 国語辞典 > 邪術の意味・解説 

じゃ じゅつ [1] 【邪術】

sorcery文化人類学などでの呪術magic)の分類の一。他人意図的に傷つけたり,害したりするために行われる呪術。死や疾病がこれによると考え社会少なくない。 → 妖術

邪術

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/09/20 20:16 UTC 版)

邪術(じゃじゅつ)は、英語の sorcery に対応する日本語の文化人類学用語であり、呪術信仰において超自然的な作用を有すると信じられる呪文や所作、何らかの物を用いて意図的に他者に危害を加えようとする技術を指す。ただし、防衛のために行われる呪術を邪術に含める場合もあるので、邪な意図によるものばかりではない[1]




「邪術」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「邪術」の関連用語

邪術のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ディシジョン・ツリー

排煙高発泡車

税務署

祇園界隈のおしろいとびん付け油のかおり

カローラ アクシオ

ヘイズ

PC-98HA(HANDY98)

振り分けバッグ





邪術のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの邪術 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS