過干渉とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 過干渉の意味・解説 

過干渉

読み方:かかんしょう

必要以上に関与すること。一般的な限度を超えて関わること。過剰干渉すること。主に親の子対す干渉を指す語として用いられる。

過干渉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/20 04:28 UTC 版)

過干渉(かかんしょう)とは、ある対象に対し、必要以上に干渉すること[1]。 本項では「保護者と被保護者間」での過干渉について記述する。


[ヘルプ]
  1. ^ 過干渉(カカンショウ)とは”. コトバンクデジタル大辞泉. 小学館 (2013年6月). 2015年8月9日閲覧。


「過干渉」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

過干渉に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「過干渉」の関連用語

過干渉のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

常呂川

曳航式デコイ

練習艦「しまゆき」型

くじゅう四季の草原、野焼きのかおり

御岳渓流

2000形

パナマ帽

放牛図二所物





過干渉のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2017 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの過干渉 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS