進め女性軍とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > 映画 > 映画作品 > 進め女性軍の意味・解説 

進め女性軍

原題:Poritics
製作国:アメリカ
製作年:1931
配給:
スタッフ
監督:Charles F. Reisner チャールズ・F・ライズナー
原作:Zelda Sears ゼルダ・シアース

Malcolm Stuart Boylan マルコム・スチュアート・ボイラン
脚色:Wells Root ウェルズ・ルート
台詞:Robert E. Hopkins ロバート・E・ホプキンス
撮影:Clyde De Vinna クライド・デ・ヴィナ
キャスト(役名
Marie Dressler マリー・ドレッスラー (Hattie
Polly Moran ポリー・モーラン (Ivy
Roscoe Ates ロスコー・エイツ (Peter
Karen Morley カレン・モーリー (Myrtle
William Bakewell ウィリアム・ベイクウェル (Benny
John Miljan ジョン・ミルジャン (Curango)
Joan Marsh ジョーン・マーシュ (Daisy
Tom McGuire トム・マクガイアー (Mayor Collins
Kane Richmond ケイン・リッチモンド (Nifty)
Mary Alden メアリー・アルデン (Mrs. Evans
解説
花嫁選手権」「ウォール街の女将」と同じくチャールズ・F・ライズナー監督したマリー・ドレッスラーポリー・モーラン共演喜劇で、ゼルダ・シアース及びマルコム・スチュアート・ポイランが執筆した物語ウェルズ・ルート潤色加えロバート・E・フォプキンスが台詞をつけた。カメラは「類人猿ターザン」「南の誘惑」のクライド・デ・ヴィナ担当である。助演者は「チャンプ(1931)」のロスコー・エイツ、「マタ・ハリ」のカレン・モーリー、「琉球大学」のウィリアム・ベイクウェル、「太平洋爆撃隊」のジョン・ミルジャン某他ジョーン・マーシュ、トム・マッグァイヤー、ケイン・リッチモンド等である。
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
米国中西部小都市に住むハティー・バーンズは夫に死別れ娘のマートル二人暮らしだったので、親友アイヴィー同居させていた。ハティー家庭的な女だったがアイヴィー政治狂で家庭のことを省みない。アイヴィーの夫ピーター・ヒギンスはお人好し理髪師女房の尻に敷かれていた。折柄市長改選期を控えアイヴィー大騒ぎをしていた。マートル年頃の娘でベティ・エマーソンという青年恋し合っていた。彼は町のギャングスター、キュランゴの子分だったがマートル結婚するために、ギャング絶縁することとした。キュランゴはそれを好まず子分のニフティーにベニイを殺せと命じた。ところがベニイは負傷しただけでデイジーという娘が傍つえを食って殺された。マートル恋人を我家の屋根裏に匿って置いた。市長コリンスはキュランゴと気脈通じていたが、その政権発表演説会の時デイジー殺害事件憤慨していたハティー市長痛罵した。それが会衆興奮させて遂に彼女を市長候補祭り上げてしまう。アイヴィーはその選挙委員長として活躍した。キュランゴは妥協申し込んだが一蹴された。ハティー男たち投票強要するために町中女房たちに、家庭生活百般に渉って夫にサービス全廃止するというストライキを行わせた。かくてハティーは完全に選挙戦に勝つ見込みがついた折しも、ベニイはピーター発見され密告されてたちまち補縛された。ハティーの家に匿はれていたという事実によって彼女は落選覚悟なければならなくなった。が警察署長巧み尋問とベニイの証言によって、既に捕らわれていたニフティーは包み切れずすべてを白状した。真相判明ギャング一網打尽そしてハティー市長就任。かくてマートルとベニイは市長司会のもとに天下晴れて結婚することが出来たのである





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

進め女性軍に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「進め女性軍」の関連用語

進め女性軍のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

スブリュース

畑

岩見用水

大型化学消防艇

S-560

パッチ

サラブレッド

十王村の水





進め女性軍のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社

©2017 Weblio RSS