通夜とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 行事 > 通夜 > 通夜の意味・解説 

つう や [1] 【通夜】

つや(通夜) 」に同じ。

つ や [1] 【通夜】

死者葬る前に親類知人集まり死者とともに終夜過ごすこと。また,宵のうちに行う葬送法要。お伽(とぎ)夜伽。おつや。
寺社にこもって終夜祈願すること。 「下の御やしろに-したる夜/宇治拾遺 4


通夜

読み方:ツヤ(tsuya)

死者のそばで一晩をすごすこと。


つうや 【通夜】

→ 通夜

つや 【通夜】

仏教で、夜を通して祈願勤行をし、あるいは法談をすることだが、今は葬式前夜仏事をいうようになった。→ 喪

通夜 【つや】

本来は死後葬儀当日の朝まで営まれるもの。夜を徹し営まれることから通夜と言う今一般的に言うのは葬儀前夜行われる法要その後会食のこと。

【佛式】通夜・葬儀

通夜

【佛式】通夜・葬儀

通夜には仮通夜本通夜あります逝去直後精神的落ち着かなかったり時間的葬儀段取り出来ない場合などは、とりあえず僧侶教のみの読経お願いして、自宅親しい者だけが集う通夜を「仮通夜」といい、僧侶読経の元で関係者通知参列いただいて、葬儀場などで一般に行う通夜のことを「本通夜と言います。仮通夜駆け付ける際は、余程親しかった場合を除き、玄関挨拶程度にしておくのが遺族への礼儀です。

本来、通夜には特に故人生前親しかった遺族近親者親し知人友人に限られ、それ程でもなかった方々告別式参列する習しになっていましたが、現在ではいずれか都合の良い日に参列するのが一般的になってきています。また、昨今では半通夜と言って1時間程度で終えるのが通例となっています。

通夜と葬儀両方参列する場合弔慰金品は、通夜に持参するのが一般的です。

通夜振る舞い

通夜の後に、故人への供養あわせて通夜弔問へのお礼兼ねて、簡単な飲食物用意されることを通夜振る舞いと言い軽い酒食類が一般的ですが、お茶菓子程度などの場合もあり地区によって用意されるものは異なります。
会食をすすめられたら、遺族心遣い応えるためにも余程の事情がない限り出席して、生前故人在りし日語りあうのが習わしですが、長居は返ってご迷惑になりますので頃合い見計らって失礼するのが礼儀です。

夜伽(よとぎ)

通夜から翌日葬儀当日死者葬るまでの間、近親者祭壇安置されている故人のそばで、夜を徹して交替ローソク線香を絶やさないようにして守ること夜伽と言います。これは元々、家族親族縁者親し知人友人などが、葬るまでに故人蘇生することを願って夜通しそばに付き添っていたことに由来します。

葬儀・告別式

本来は、「葬儀」と「告別式」は区別して行われるもので、葬儀は文字通り故人冥福祈り成仏することを願って遺族近親者のみによって故人を葬り、浄土に導く引導を渡すために営む儀式であり、「告別式」は葬儀を一旦終えた後に、友人知人近隣者・勤務先関係者などが故人最後お別れをする儀式になっています。
現在では、土葬による埋葬から火葬に変って、参列者が墓地まで行く機会がなくなるなど葬儀慣習が変ってきたことから、葬儀告別式同時に行うのが一般的になり、告別式参列者も焼香による会葬をもって故人お別れする形式に変ってきています。

ひとくちMEMO

御香典の目安

御香典目安1998年6月三和銀行ホームコンサルタント調べ
贈り 年代 東西
  20歳 30歳代 40歳代 50歳代以上 関東 関西
全体 3千円 5千円 1) 1万 5千円 5千円
勤務先の上 3千円 5千円 1万 1万 1万 5千円
勤務先同僚 3千円 5千円 5千円 5千円 5千円 2)
勤務先部下 5千円 1万 5千円 5千円
勤務先社員家族 2) 5千円 5千円 5千円 5千円 3千円
取引先関係 5千円 1万 1万 1万 1万
祖父母 1万 1万 2万円 1万
両親 10万 10万 10万 10万 10万
兄弟・姉妹 5万 3万円 5万 3万円
おじ・おば 1万 1万 1万 1万 1万 1万
その他の親類 1万 1万 1万 1万 1万 1万
友人知人 5千円 1) 5千円 1万 5千円
となり・近所 2) 3千円 5千円 5千円 5千円 5千円
友人知人家族 5千円 5千円 1万 5千円 5千円 5千円
その他 2) 1) 3千円 1)

1)5千円1万円 2)3千円・5千円
注意)−は該当するサンプルがないもの *はサンプル数が少ないためクロス集計していません

ご贈答のマナー

贈答様式 贈り 献辞表書き 慶弔用品
枕経時の僧侶への謝礼 遺族 御車料 金封水引熨斗なし
【のし袋】白無地
通夜時の寺院
僧侶への謝礼
遺族 御車料 金封水引熨斗なし
【のし袋】白無地
葬儀告別式時の
寺院僧侶への謝礼
遺族 御法禮
御回向料
御経料
御供養料
御布施
御礼
金封
双銀結切り/双銀あわび結び/黄白結切り
黄白あわび結び/水引熨斗なし
【のし袋】
無地/黄白(銀)結切り
黄白(銀)あわび結び/御布施字入
戒名法名法号
付けて貰った謝礼
御戒名料
御法名料
御法号
御礼
葬儀時の僧侶への
謝礼に付け
御膳料 【のし袋】白無地
御車料
葬儀委員長
世話役への謝礼
遺族 御礼 金封水引熨斗なし
【のし袋】白無地
受付係お手伝い
の方への謝礼
遺族 御礼 金封水引熨斗なし
【のし袋】白無地
会食参加されない
受付係お手伝いの方
への謝礼
遺族 御膳料御礼 金封水引熨斗なし
【のし袋】白無地
寺院使用料
寺院借り場合
遺族 御席料 金封水引熨斗なし
【のし袋】白無地
葬儀弔慰金を贈る 身内
身内以外
御霊前(御佛前)
御香奠
御香料
御悔み
御香華料
金封
黒白結切り/黒白あわび結び/双銀結切り
双銀あわび結び/黄白結切り/黄白あわび結び
【のし袋】
銀結切り/銀あわび結び/黄白(銀)結切り
黄白(銀)あわび結び/白無地
葬儀お供え物を贈る 身内
身内以外
御供物
御供
のし紙
銀結切り/銀あわび結び/
黄白結切り/黄白あわび結び
通夜・葬儀時の 遺族 (東)志
(西)粗供養

使用例(のし紙/金封/のし袋の様式)

のし紙/金封/のし袋の様式 使い方
金封:使用例 金封:使用例 金封:使用例 のし袋:使用例
のし袋:使用例 のし袋:使用例 のし紙:使用例 のし紙:使用例


通夜

作者瀬戸内寂聴

収載図書生死長夜
出版社講談社
刊行年月1989.5

収載図書生死長夜
出版社講談社
刊行年月1992.5
シリーズ名講談社文庫

収載図書瀬戸内寂聴全集15みみらく風のない日々・髪 他
出版社新潮社
刊行年月2002.4


通夜

作者近松秋江

収載図書近松秋江全集 第4巻
出版社八木書店
刊行年月1992.12


通夜

作者ギー・ド・モーパッサン

収載図書モーパッサン残酷短編集
出版社梨の木
刊行年月2004.4


通夜

作者宮城しず

収載図書エイプリルフール
出版社書院
刊行年月2007.6


通夜

作者三原遙子

収載図書川沿いの町で
出版社草場書房
刊行年月2008.3


通夜

読み方:ツヤ(tsuya)

作者 近松秋江

初出 大正12年

ジャンル 小説


通夜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/07 08:19 UTC 版)

通夜(つや)は、葬儀前に行う儀式のことである。仏教においてのみならず、神道キリスト教においても行われる。


  1. ^ a b イオンのお葬式 - 曹洞宗の葬儀・通夜についての解説
  2. ^ a b c d e 藤村英和『新版 葬儀・法要のあいさつ』西東社、2011年、22頁
  3. ^ a b c 吉川美津子『はじめての喪主 葬儀・葬儀後マニュアル』秀和システム、2014年、77頁
  4. ^ a b 吉川美津子『はじめての喪主 葬儀・葬儀後マニュアル』秀和システム、2014年、54頁
  5. ^ a b 金容権『韓国語手紙の書き方事典』三修社、2012年、65頁
  6. ^ かたち-諸奉神礼:日本正教会 The Orthodox Church in Japan - 日本正教会公式サイト


「通夜」の続きの解説一覧

通夜

出典:『Wiktionary』 (2011/10/15 10:53 UTC 版)

名詞

  1. (つや、つうや)死者葬る前に親類知人集まりの前で一夜を過ごすこと。
  2. (つや、つうや)仏堂こもり終夜祈願すること。
  3. (つうや)夜通し一晩中

発音

つ↘や
つ↘ーや





通夜と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

通夜に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「通夜」の関連用語

通夜のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

表彰

法要

通夜

成人式

通夜

七草粥

前夜祭

献花の作法





通夜のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2017 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
葬儀の相談センター葬儀の相談センター
Copyright(c)2017 葬儀の相談センター All Rights Reserved.
ササガワササガワ
All Right Reseved,Copyright© Sasagawa Co.,Ltd. 1996-2017
株式会社ササガワ(タカ印紙製品)ご贈答マナー
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの通夜 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの通夜 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2017 Weblio RSS