通俗漢楚軍談とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 文芸 > 通俗 > 通俗漢楚軍談の意味・解説 

つうぞくかんそぐんだん 【通俗漢楚軍談】

読本。一五巻。七巻まで夢軒章峰,八巻以降は称好軒徽庵訳。1695年刊。明代の「西漢通俗演義」の翻訳。漢の劉邦項羽との戦い小説化したもの。のちの読本草双紙影響与えた。

通俗漢楚軍談

読み方:ツウゾクカンソグンダン(tsuuzokukansogundan)

分野 中国小説翻訳

年代 江戸中期

作者軒章峰、称好軒徽庵〔訳〕






通俗漢楚軍談と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「通俗漢楚軍談」の関連用語

通俗漢楚軍談のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

コンパクトビーム球

平スキ

繻子貼りゲス

膝関節

西島和紙

オニオオハシ

アミガサタケ

スクロール





通俗漢楚軍談のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2017 Weblio RSS