逆選択とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 逆選択の意味・解説 

逆選抜

読み方:ぎゃくせんたく
別表記:逆選択

市場における情報偏りが、消費者にとってより望ましいはずの商品サービス逆に淘汰してしまうという経済学上の概念

逆選抜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/05/16 22:40 UTC 版)

(逆選択 から転送)

経済学において、逆選抜 (adverse selection) とは、情報の非対称性が存在する(売り手と買い手が保持している情報量に格差がある)状況(レモン市場)において発生する市場の失敗、厚生の損失である。逆選択逆淘汰とも呼ばれる。




「逆選抜」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

逆選択に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「逆選択」の関連用語

逆選択のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

AGPルームミラー

キャノチェ

土台

ヒメメリベ

オールド・アライアンス

折り込み

ギア効果

ヤマグワ





逆選択のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2015 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの逆選抜 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2015 Weblio RSS