追分の道標とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 大津歴史事典 > 追分の道標の意味・解説 

追分の道標

読み方おいわけのどうひょう

追分町にある。この地は東海道から、伏見奈良に向かう街道分岐する三差路にあたる。道標は高さ1.4メートル江戸時代中期のもので表面に「みぎハ京ミチ、ひだりハふしミミち、柳緑花紅」と刻まれている。なお当初道標琵琶湖文化館前に移され、現地のものは後の模造

交通アクセス

京阪電車京津線追分駅下車徒歩8分

追分の道標





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「追分の道標」の関連用語

追分の道標のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

画像から探す

佐久奈度神社

オランダ堰堤

唐臼山古墳

瀬田唐橋

元三大師母の廟

春日神社

坂本の六地蔵

坂本の六地蔵





追分の道標のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
大津市歴史博物館大津市歴史博物館
Copyright (C) OTSU CITY MUSEUM OF HISTORY

©2017 Weblio RSS