迷彩とは?

Weblio 辞書 > 工学 > 航空軍事用語 > 迷彩の意味・解説 

めい さい [0] 【迷彩】

戦車着衣などに,周囲の物と区別つかないような色を塗ること。 「 -を施す」 「 -服」


【迷彩】(めいさい)

人間色彩感覚を迷わせて誤認させる塗装染色
厳密に狩りなどで動物視覚を惑わせるものもあるが、基本的に人間から隠れる事を想定する。

自然に形成されやすい斑模様斑点縞模様などで描かれる事が多く近年は「人工物にも対応したパターン」や「発見されたときに印象残りにくいパターン」も開発されている。
色彩活動する土地柄合わせて選択され、雪原なら熱帯雨林なら樹木濃緑砂漠なら砂岩の色を摸す
夜間活動を行う場合や、環境事前に予想できない場合は黒いものが選ばれる事が多い。
想定外環境用いていると不自然な色彩浮き上がる事になり、かえって目立ってしまう事も多い。

本来の機能とは別に、独特の模様から「軍隊的」な一種象徴としても広く知られている
完全な迷彩塗装迷彩服戦闘員である事を示すものとされ、隠密行動が必要な場合でも非合法戦闘員着用避け傾向にある。

また逆に自分達が軍隊である事を周囲に示すために意図して不適切な迷彩を着用する事もある。

例えば、陸上自衛隊では出動際し、ほぼ常にこの用途迷彩服用いている。
それが制式作業服であるからという事情もあるが、そもそも「目立つ」事が必要な任務が多いためである。
災害派遣民生支援を行うにあたり近隣住民視覚を惑わし正体を隠す事には何のメリットもない。
むしろ自衛隊員である事を公にし、助け求め市民から見てすぐに識別できる服装であった方が良い

2000年代自衛隊イラク人道支援を展開した際には、砂漠で極度に目立つ「肩に日の丸をあしらった緑の迷彩服」をわざわざ特注して持ち込んだ。
アラブ圏で「高貴美しい色とされる緑を纒い、かつ「日本兵隊」である事を周知徹底する意図があったという。


迷彩 メイサイ

自分捨て牌細工をし、待ち分かりにくくすること。

迷彩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/07/01 15:24 UTC 版)

迷彩(めいさい)は、敵の目を欺くためのカモフラージュ技術の1つで、表面に塗装染色などされた模様である。装備等への塗装による迷彩を迷彩塗装、迷彩が施された服(特に戦闘服)を迷彩服と言う。


  1. ^ ノルマンディー上陸作戦で第2機甲師団第41機甲歩兵連隊の兵が着用していたが、ドイツ軍武装親衛隊と誤認され同士討ちが発生し、使用が中止された。
  2. ^ Blechman/Newman, Hardy/Alex (2004). DPM: Disruptive Pattern Material. Department of Publications, Maharishi. ISBN 0-9543404-0-X.


「迷彩」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

迷彩に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「迷彩」の関連用語

1
96% |||||

2
96% |||||

3
偽装 国語辞典
76% |||||

4
変装 国語辞典
76% |||||

5
擬装 国語辞典
76% |||||






迷彩のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

裏筋

OH-6

スモークワインダー

裏筋

BK27

役牌

魚雷

三元牌





迷彩のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
オレンジハウスオレンジハウス
Copyright(C) 2016 ORANGE HOUSE All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの迷彩 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS