辻恵とは?

辻恵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/27 17:09 UTC 版)

辻 恵(つじ めぐむ、1948年6月12日 - )は、日本政治家弁護士弁理士。元衆議院議員(2期)。衆議院議員時代は民主党に所属していた。大阪府枚方市出身。


  1. ^ 選挙参謀ー三ヶ月で代議士になれる! 前田和男(同文社)
  2. ^ “<民主党>「小沢系」の辞表受理”. 毎日新聞. (2012年4月23日). オリジナル2012年4月26日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120426085016/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120423-00000110-mai-pol 
  3. ^ “反対・棄権・欠席した民主党衆院議員の顔ぶれ”. 読売新聞. (2012年6月26日). オリジナル2012年6月29日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120629063641/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120626-00001155-yom-pol 
  4. ^ “<消費増税法案>民主57人反対 事実上の分裂状態に”. 毎日新聞. (2012年6月26日). オリジナル2012年6月29日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120629055717/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120626-00000109-mai-pol 
  5. ^ “【民主分裂】谷亮子氏、姫井由美子氏、青木愛氏…山岡賢次民主副代表提出の離党届議員 一部は離党否定”. 産経新聞. (2012年7月2日). オリジナル2012年7月2日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120702121257/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120702/stt12070213160009-n1.htm 
  6. ^ “【民主分裂】民主・辻氏も離党を否定”. 産経新聞. (2012年7月2日). オリジナル2012年7月2日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120702121214/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120702/stt12070215120016-n1.htm 
  7. ^ “<民主分裂>小沢元代表ら50人離党届 階、辻氏は離党せず”. 毎日新聞. (2012年7月2日). オリジナル2012年7月4日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120704082643/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120702-00000030-mai-pol 
  8. ^ “階、辻氏は離党せず=「党で改革可能」―民主”. Yahoo!ニュース. 時事通信. (2012年7月2日). オリジナル2012年7月5日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120705001810/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120702-00000057-jij-pol 
  9. ^ “階氏「無効だ」、辻氏「原点に」…2人離党せず”. 読売新聞. (2012年7月2日). オリジナル2012年7月5日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120705002056/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120702-00000753-yom-pol 
  10. ^ “【民主分裂】離党者50人に訂正 階、辻氏を削除”. 産経新聞. (2012年7月2日). オリジナル2012年7月2日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120702121201/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120702/stt12070215520018-n1.htm 
  11. ^ “「えっ、私離党なの?」「なんで事前通知ない?」”. 読売新聞. (2012年7月2日). オリジナル2012年7月5日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120705002111/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120702-00001078-yom-pol 
  12. ^ “階・辻両議員離党を撤回 いいかげん対処 民主の体質露呈”. 東京新聞. (2012年7月3日). オリジナル2012年7月6日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120706160828/http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2012070302000118.html 
  13. ^ “【民主分裂】一体改革関連法案をめぐる民主党の処分・措置等一覧(敬称略)”. 産経新聞. (2012年7月3日). オリジナル2012年7月4日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120704214346/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120703/plc12070321090021-n1.htm 
  14. ^ “【民主分裂】離党届提出の衆院37人を除名 鳩山元首相は党員資格停止6カ月”. 産経新聞. (2012年7月3日). オリジナル2012年7月3日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120703102153/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120703/plc12070315420018-n1.htm 
  15. ^ “小沢氏ら37人除籍=民主処分、鳩山氏は資格停止6カ月―離党組減り衆参49人”. Yahoo!ニュース. 時事通信. (2012年7月3日). オリジナル2012年7月6日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120706051520/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120703-00000085-jij-pol 
  16. ^ “民主党:小沢元代表ら衆院37人除名、鳩山氏党員資格停止”. 毎日新聞. (2012年7月3日). オリジナル2012年7月5日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120705212346/http://mainichi.jp/select/news/20120703k0000e010209000c.html 
  17. ^ “小沢氏ら37人除名処分へ 鳩山氏は党員資格停止6カ月”. 朝日新聞. (2012年7月4日). オリジナル2013年4月24日時点によるアーカイブ。. http://archive.fo/FdGKU 
  18. ^ “鳩山氏は資格停止3カ月=小沢氏らの除籍決定―民主”. Yahoo!ニュース. 時事通信. (2012年7月9日). オリジナル2012年7月12日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120712005450/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120709-00000114-jij-pol 
  19. ^ “鳩山元首相、党員資格停止3カ月に短縮 小沢元代表ら37人除籍処分は原案通り 民主党臨時常任幹事会”. 産経新聞. (2012年7月9日). オリジナル2012年7月9日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120709140751/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120709/stt12070921200005-n1.htm 
  20. ^ “民主:鳩山元首相の処分半減 増税法案反対で”. 毎日新聞. (2012年7月9日). オリジナル2012年8月7日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120807002014/http://mainichi.jp/select/news/20120710k0000m010062000c.html 
  21. ^ “民主党公認の辻恵氏が離党 日本未来の党へ 小沢氏に近く消費税増税法案にも反対票”. 産経新聞. (2012年11月30日). オリジナル2013年1月3日時点によるアーカイブ。. http://archive.fo/LeCJY 
  22. ^ “未来合流の辻氏を除籍=民主【12衆院選】”. 時事通信. (2012年12月1日). オリジナル2013年4月26日時点によるアーカイブ。. http://archive.fo/FKCvn 
  23. ^ “民主、離党届の辻氏を除籍処分”. 朝日新聞. (2012年12月2日). オリジナル2012年12月2日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20121202174226/http://www.asahi.com/politics/update/1202/TKY201212020553.html 
  24. ^ “【大阪・大義なき解散総選挙】「新しいリベラル政党を作る」大阪9区・辻恵元衆議院議員が安倍政権に対峙する政党の必要性を訴え”. IWJ Independent Web Journal. (2014年12月8日). http://iwj.co.jp/wj/open/archives/211578 2014年12月8日閲覧。 
  25. ^ 連立政権誕生を受け、今こそ立法による解決を! 10.28院内集会報告
  26. ^ 週刊かけはし(日本革命的共産主義者同盟発行)「戦時性的強制被害者問題解決促進法案」の成立今こそ
  27. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。
  28. ^ 「立法不作為を問う!民法改正を求める院内集会」2012年3月8日
  29. ^ 民主党HP 橋本元首相ら不起訴は不当。永田、辻両議員が検審に申し立て
  30. ^ 衆議院予算委員会2005年2月3日議事録
  31. ^ 衆議院予算委員会2005年2月8日議事録
  32. ^ 衆議院予算委員会2005年2月16日議事録
  33. ^ a b 民主、検察審見直しで圧力?…議連発足読売新聞 2010年4月30日
  34. ^ 時事ドットコム - 民主・辻氏、検察審査会に疑問=司法制度見直しで議連発足。(2010年4月28日) [リンク切れ]
  35. ^ 辻恵ブログ 2010年5月9日
  36. ^ 検察審への接触 民主党は政治介入を厳に慎め(6月1日付・読売社説) 読売新聞2010年6月1日
  37. ^ 陸山会事件で小沢一郎への不起訴事案を審査していたのは、辻恵が言及した東京第一検察審査会及び東京第五検察審査会であり、陸山会事件で小沢一郎への不起訴事案を審査していなかった他の4つの東京検察審査会の事務局長は対象外であった。
  38. ^ a b 民主・辻副幹事長、検察審事務局に接触図る
  39. ^ a b 民主・辻副幹事長「検察審問い合わせ、当然だ」読売新聞 2010年5月31日
  40. ^ 【主張】検審への説明要求 圧力以外の何物でもない産経新聞6月1日
  41. ^ 日刊ゲンダイ2010年5月31日
  42. ^ 橋下知事 クソ食らえだ堺市長選挙、自公民の相乗り(あいのり) 2009年 - YouTube(3:04より)
  43. ^ 「共謀罪」に反対する超党派国会議員と市民の集い
  44. ^ 民主・辻議員に融資返還請求、供託金巡り提訴読売新聞 2010年5月27日
  45. ^ 民主・辻議員に資金トラブル=弁護士業務めぐり訴訟-周辺関係者を聴取・東京地検時事通信 2011年12月27日
  46. ^ 辻議員に賠償責任なし、原告の請求棄却 東京地裁日本経済新聞2012年1月30日
  47. ^ “韓国無断渡航の辻氏に厳重注意”. 産経新聞. (2012年11月6日). http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121106/plc12110600180001-n1.htm 


「辻恵」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辻恵に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「辻恵」の関連用語

辻恵のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

岩木川

最大安定傾斜角度

練習艦「やまぎり」型

風間 隼

能道具図小柄

アンカー船位保持

排煙高発泡車

90式戦車回収車





辻恵のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの辻恵 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS