輸入代替とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生活 > 暮らし > 鍛え > 輸入 > 輸入代替の意味・解説 

輸入代替

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/06/06 12:30 UTC 版)

輸入代替(ゆにゅうだいたい)とは経済学用語の一つ。これは国家が従来ならば輸入に頼っていたような製品を、自国で生産することにより部分的あるいは全面的に自給できるようにすることをいう。発展途上国というのは自国を工業化させるために輸入代替を行ってきた。輸入代替をするためには自国の産業を育成させるために、関税や輸入制限が実施され、それとともに国内市場は海外市場から隔離されて発展することとなる。このような輸入代替を行っている国家というのは、自国においてのある程度の需要が見込まれ、このことから自国において製品が生産された場合にでも政策により国内供給に割り当てることが可能であるからである。




「輸入代替」の続きの解説一覧





輸入代替と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

輸入代替に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「輸入代替」の関連用語

輸入代替のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

WX310K

フエ

エティバ

ダイオウヒラタ

ゆりかもめ

アジア競馬会議

カリフォルニアアシカ

C11325





輸入代替のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの輸入代替 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2015 Weblio RSS