輪転式麦土入機とは?

Weblio 辞書 > 業界用語 > 農機具の種類 > 輪転式麦土入機の意味・解説 

輪転式麦土入機 (りんてんしきむぎつちいれき)

輪転式麦土入機 昭和7年大日本農会が、農林省委託により麦土入懸賞募集した際、はじめて畜力用土入機が入選した。これを契機として畜力用土入機は、続々新しいものが開発された。畜力用土入機は、大別して翼車型とバケットコンベア型の2種類がある。戦時中から昭和30年頃までかなり使用され、畑麦作および水田裏作不整地播麦作にも利用された。翼車型である。これは鉄製車輪外周に土を掬うバケット配置し、畜力けん引することによって車輪後部の削土刃で削った土をバケット上部運び上げ真上から両側に土ふるい板を介して畦間に落下させる仕仕組みである。概ね車輪直径60cm、バケット幅15cm、バケット16個、全長130cm重さ18~21kgである。構造メーカーにより若干異なる。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

輪転式麦土入機のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

畜力用鋤

栗いが剥機

宝村式蒸機

ハロー

鍬

爆音機

三本備中

人力穀粒選別機





輪転式麦土入機のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
農林水産研究情報総合センター農林水産研究情報総合センター
Copyright (C) Agriculture, Forestry and Fisheries Research Information Technology Center. All rights reserved.

©2016 Weblio RSS