車透図鐔とは?

Weblio 辞書 > 文化 > 刀装具一覧 > 車透図鐔の意味・解説 

車透図鐔

くるますかしずつば
宇和島伊達家伝来長光の刀に掛けられていた信家の鐔である。元来全面透かし彫とされていたものであるが、長光の拵に小柄が必要のため透しの骨を三本外して赤銅埋め小柄櫃設けたものである強く深く鍛え地鉄表面に耳長兎を薄肉彫とし、仕上げ焼きなましとされて渋い光沢放ち放射状透しの線と調和して総体力感が漲っている。銘は鏨深い太字銘で、字画端端にまで信家本人意志強くこもり、作鐔に対す揺るぎない自信の程が表わされている。
車透図鐔
車透図鐔




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「車透図鐔」の関連用語

1
100% |||||

車透図鐔のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

龍図鐔

輪違松毬菊文図鐔

能道具図小柄

若松図鐔

古鐔

高士隠棲図鐔

折鶴文散図鐔

放牛図二所物





車透図鐔のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
銀座長州屋銀座長州屋
Copyright (c)1998-2016 Ginza Choshuya Co.Ltd. All rights reserved

©2016 Weblio RSS