赤米とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 食物 > 食品 > > 赤米の意味・解説 

あか ごめ [0] 【赤米】

赤みがかった,ひね米。
米の一種外来の米で,味はあまりよくないが,炊くと倍近くにふえるので徳用とされた。大唐米たいとうまい。 「台碓からうすの-を栬(もみじ)の秋と詠め浮世草子胸算用 3

あか まい [0] 【赤米】

有色素米の一。玄米が赤い米。色はタンニン系の色素による。古くから神事のためなどに栽培されていた。白米比べ栄養価が高い。あかごめ。 → 有色素米新形質米

赤米


赤米

読み方:アカゴメ(akagome)

稲の品種


赤米(あかまい)

赤米

古代中国から日本へはじめて伝わったとされるお米です。赤米は表皮の赤い部分赤色色素を含んでいます。普通のお米よりでんぷん成分アミロースが多いためパサついた感じがしますがたんぱく質やビタミン類多く含まれています。

赤米

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/02/07 07:28 UTC 版)

赤米(あかごめ[1]、あかまい[1])とはイネ栽培品種のうち、玄米の種皮または果皮の少なくとも一方(主に種皮[2])にタンニン系の赤色色素を含む品種を指す[3]。中国では「紅米」と呼ばれる[4]。野生のイネのほとんどは赤米である[5]古代米イコール赤米とされることもあるが、科学的根拠はない[5]黒米を赤米に含める場合もある[6][7]。民俗学者の柳田國男は、赤飯の起源は赤米であると主張している[1]


[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 『日本往還日記』。一方少数意見であるが、貝原益軒は「味最も好し」と賞賛している(『大和本草』)

出典

  1. ^ a b c d 猪谷2000、122頁。
  2. ^ a b c 猪谷2000、33頁。
  3. ^ a b c d e 猪谷2000、31頁。
  4. ^ 猪谷2000、32頁。
  5. ^ a b 猪谷2000、21頁。
  6. ^ 猪谷2000、22-23頁。
  7. ^ 猪谷2000、33-34頁。
  8. ^ 猪谷2000、71頁。
  9. ^ a b 猪谷2000、25頁。
  10. ^ a b c d e f 猪谷2000、72頁。
  11. ^ 猪谷2000、25頁。
  12. ^ 猪谷2000、15頁。
  13. ^ 猪谷2000、35-36頁。
  14. ^ a b c d 猪谷2000、41頁。
  15. ^ 猪谷2000、26頁。
  16. ^ a b c 猪谷2000、30頁。
  17. ^ 猪谷2000、85-87頁。
  18. ^ a b 猪谷2000、127頁。
  19. ^ a b 猪谷2000、80頁。
  20. ^ 猪谷2000、84頁。
  21. ^ a b 猪谷2000、87頁。
  22. ^ 猪谷2000、102頁。
  23. ^ 猪谷2000、103-104頁。
  24. ^ 猪谷2000、73頁。
  25. ^ 猪谷2000、73-74頁。
  26. ^ 猪谷2000、26頁。
  27. ^ 猪谷2000、82-83頁。
  28. ^ 猪谷2000、122-123頁。
  29. ^ 猪谷2000、123頁。
  30. ^ a b c 猪谷2000、124頁。
  31. ^ a b c 猪谷2000、126頁。
  32. ^ 猪谷2000、123-124頁。
  33. ^ 川本慎自「中世の赤米栽培と杜甫の漢詩」(東京大学史料編纂所篇 『日本史の森をゆく』 中央公論新社中公新書2299〉、2014年12月20日、pp.188-192、ISBN 978-412-102299-8
  34. ^ 福嶋紀子 「中世における大唐米の役割-農書の時代への序章-」(井原今朝男・牛山佳幸編 『論集 東国信濃の古代中世史』 岩田書院、2008年6月、ISBN 978-4-87294-518-8
  35. ^ 岡光夫「赤米」(『国史大辞典 15』(吉川弘文館、1996年) ISBN 978-4-642-00515-9
  36. ^ トウコン(雑草性赤米)防除対策中間検討会が開催されました 長野県農事試験場、2008年9月(トウコン発生現場の写真あり)
  37. ^ 雑草イネである脱粒性の赤米・トウコンの防除法 中央農業総合研究センター
  38. ^ 猪谷2000、51頁。
  39. ^ 猪谷2000、128-129頁。
  40. ^ a b 猪谷2000、131頁。
  41. ^ 猪谷2000、131-132頁。
  42. ^ a b c 猪谷2000、129頁。
  43. ^ a b 猪谷2000、130頁。
  44. ^ a b c d e f g h i j 猪谷2000、52頁。
  45. ^ 猪谷2000、51-52頁。
  46. ^ a b 猪谷2000、54頁。
  47. ^ a b 猪谷2000、55頁。
  48. ^ a b 猪谷2000、128。


「赤米」の続きの解説一覧





赤米と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

赤米に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「赤米」の関連用語

赤米のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

酒米

赤米

タイ米

黒米

ジャバニカ種

もち米

香り米

発芽玄米





赤米のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
米穀安定供給確保支援機構米穀安定供給確保支援機構
Copyright (C) 2016 米穀安定供給確保支援機構 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの赤米 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS