赤い糸の女とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 赤い糸の女の意味・解説 

赤い糸の女

作者松田美智子

収載図書土を噛む女
出版社光文社
刊行年月2001.5
シリーズ名光文社文庫


赤い糸の女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/06/11 03:11 UTC 版)

赤い糸の女』(あかいいとのおんな)は、2012年9月3日から11月2日まで東海テレビ制作によるフジテレビ系列昼の帯ドラマ枠にて放送されていたテレビドラマである。全44回[1]




  1. ^ 10月8日(月・祝)は出雲駅伝中継のため休止
  2. ^ 横浜フィルムコミッション
  3. ^ 信州上田フィルムコミッション 今度の昼ドラは上田市が舞台!!東海テレビ・フジテレビ系全国ネット昼ドラ 『赤い糸の女』 放送開始のお知らせ。
  4. ^ 石田純一、6年ぶりの連ドラ出演 主演・三倉茉奈の父親役 ニュース-ORICON STYLE-
  5. ^ 演奏も演技も歌も! KoN、昼ドラ1人5役 - 芸能社会 - SANSPO.COM(サンスポ)
  6. ^ コンビ解消で“艶技派”へ!? <三倉茉奈(女優)> - Infoseek ニュース
  7. ^ 新たな流行語誕生となるか!? 昼ドラ『赤い糸の女』から目が離せない!/ 「彼女はブタ志村よ!」「私はビオラ…鳴らして!!」など Pouch 2012年9月13日
  8. ^ “昼ドラの帝王”脚本家・中島丈博の描く最新ドロドロ愛憎劇『赤い糸の女』がスゴすぎる 週プレニュース 2012年10月5日
  9. ^ 東海テレビ放送記者会見 資料 平成24年8月3日(PDF)
  10. ^ サプライズ目的で友人たちが砂浜に落とし穴を掘り、落ちた被害者が生き埋めとなり死亡した事件は2011年8月石川県かほく市で実際に発生。ドラマのシーンとの類似性が話題となった。 “あまりに大きすぎた落とし穴―夫婦2人生き埋め窒息死”. J-CAST テレビウォッチ(ウェブサイト) (ジェイ・キャスト). (2011年8月29日). http://www.j-cast.com/tv/2011/08/29105540.html?p=all 2012年9月18日閲覧。  “フジの昼ドラで流れた「落とし穴死亡事故」 「1年前に起きた事故そのまま」と批判”. J-CASTニュース(ウェブサイト) (ジェイ・キャスト). (2012年9月18日). http://www.j-cast.com/2012/09/18146745.html?p=all 2012年9月18日閲覧。 
  11. ^ 出演者紹介その2|三倉茉奈オフィシャルブログ「三倉茉奈のマナペースで行こう」(2012年9月5日)
  12. ^ 週刊ザテレビジョン2013 No.7』、角川マガジンズ、 33頁、2013年3月14日閲覧。
  13. ^ C H A Y A-日影茶屋-継承の味と創造の味
  14. ^ 話題騒然の昼ドラ『赤い糸の女』の文学偏差値 - ダ・ヴィンチ電子ナビ
  15. ^ 上田市役所 - 信州上田観光情報 上田の名産・特産品


「赤い糸の女」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「赤い糸の女」の関連用語

赤い糸の女のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

Xmini

野外炊具2号

モハ2形

春の彼岸

高度道路交通システム

ノアザミ

民猪

AT-500型





赤い糸の女のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2017 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの赤い糸の女 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS