貼箱とは?

Weblio 辞書 > 工学 > 紙器用語 > 貼箱の意味・解説 

貼 箱

貼箱
  「貼箱」は文字通り貼り付け作る箱”。 当サイトに於ける"貼箱"とは紙器の貼箱です。
紙器の貼箱とは、 ボール紙様々な紙=貼紙(はりし)を専用接着剤使用して貼付け包み込んで作製する紙製の箱のこと指します。
その特徴としては”高い強度・耐久性”、”高級感”、”豊富な材料によるオリジナリティ”、環境に優しい紙製品”、”紙製特有の暖か肌触りといったところでしょうか。 
特徴ひとつとして挙げられる”高い強度・耐久性により、昨今ではURLメールアドレスちょっとした広告などをデザインとして表示し、長期渡って有効な広告として利用されることも多くなってきています。
>>「製品案内」のページへ
追記◆ 「貼箱(貼り箱)」という名称は幅広い意味で使われています。
例え木箱に布を貼り付けても”貼箱”ですし、ボール紙に皮やビニール張り付けても”貼箱”というカテゴリーでまとめられています。 しかし、それぞれの”貼箱”ではその材料などが違っている為、接着剤製法設備が微妙に違います。 そしてその企業ごとに得意としている対象となる素材や箱の形式等が違っています。例え木箱ビニール貼り付けるのが得意な貼箱屋、ボール紙ファンシー・ペーパー等を貼り付けて箱を作製する事を最も得意としている貼箱屋などが存在している訳です。 それぞれ貼箱作製業者特徴と得意な素材等を考慮してお問い合わせ製箱依頼をされる事をお勧め致します。   因みに弊社で承っています貼紙基本的には「紙」です。

貼箱
     
「折り込み」部分
 
「ツメ」部分
貼箱の外見的な特徴として、他の紙器にはない貼紙をくるみ込んだ約1215ミリ部分折り込みがある。    もう一つ外見特徴としては箱の四隅部分中芯であるボール紙見えないように折り込んだ「耳」呼ばれる部分うっすらと見ることが出来る。
     
ボール紙
 
#10は約1ミリ厚
コシと厚みのあるボール紙(#8〜#24)を中芯使用していることが貼箱の強度を語る上で最も重要な要素   通常軽量商品小箱によく使用される#10(10号)と言う比較薄手ボール紙で約1ミリ厚さを持つ。 そのボール紙四隅ヒート・テープ呼ばれる熱により圧着されるクラフト・テープ一種固定されている。
     
貼紙とボール紙
 
貼箱作成行程アニメーション
様々な洋紙・和紙・印刷紙と組み合わせることにより、思い通りパッケージ作製することが出来る。  
貼箱の作製行程を簡単に描写したアニメーション
貼箱【貼箱の主な構成材料・各名称とその詳細
貼箱 貼箱を構成している材料を簡単にまとめています。

貼箱というニッチパッケージにはそれぞれ一風変わった特殊な名称が付けられていますが、より一層貼箱に親しみを持って頂ければ...と、その名称や詳細解説してみました。
(左の画像クリックしてください

貼箱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/09/09 21:50 UTC 版)

貼箱(はりばこ)は、板紙製の紙器(紙箱)や木箱の表面にデザインされた紙を貼って美麗に加工した、化粧である。




「貼箱」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「貼箱」の関連用語

貼箱のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

内寸

天

内装

罫線機

手貼りライン

貼紙

貼箱

F段





貼箱のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
熊谷紙器工業熊谷紙器工業
Copyright(C) 2002-2016 Kumagaishiki Co., Ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの貼箱 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS