貞明皇后とは?

ていめい こうごう -くわうごう 【貞明皇后】 ○

1884~1951大正天皇皇后。名は節子(さだこ)九条道孝娘。昭和天皇秩父宮雍仁(やすひと)高松宮宣仁(のぶひと)三笠宮崇仁(たかひと)親王生母

貞明皇后

読み方ていめいこうごう

大正天皇皇后昭和天皇生母公爵九条道孝四女。名は節子華族女学校卒。大正天皇崩御皇太后となり、ハンセン病予防救済、養糸業奨励などに尽力した。また若い頃から国語国文にも長じ、特に和歌能くした。昭和26年(1951)崩御66才。

貞明皇后

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/02/27 14:10 UTC 版)

貞明皇后(ていめいこうごう、1884年明治17年)6月25日 - 1951年昭和26年)5月17日)は、大正天皇皇后




[ヘルプ]
  1. ^ 『歴代皇后125代総覧』412頁10行目
  2. ^ 『歴代皇后125代総覧』413頁2行目。(新人物往来社)
  3. ^ 『歴代皇后125代総覧』の413頁
  4. ^ 片野真佐子『皇后の近代』、163 - 171頁。(講談社選書メチエ2003年
  5. ^ 『官報』第5053号・号外「授爵叙任及辞令」1900年5月9日。
  6. ^ 『菊と葵のものがたり』(高松宮妃喜久子、中央公論新社、のち中公文庫)
  7. ^ 秩父宮妃勢津子『銀のボンボニエール 親王の妃として』(主婦の友社、1991年、講談社+α文庫、1994年)
  8. ^ 宮内庁書陵部編『貞明皇后御歌集・御詩集』(和装本3冊組、1960年(昭和35年)、改訂新版『貞明皇后御集』 2001年(平成13年))。
  9. ^ 『貞明皇后御歌集』 (全国敬神婦人連合会編、主婦の友社、1988年(昭和63年))
  10. ^ 西川泰彦『貞明皇后その御歌と御詩の世界 貞明皇后御集拝読』を参照。
  11. ^ 出雲井晶 『天の声 小説・貞明皇后と光田健輔』を参照
[ヘルプ]
  1. ^ 華族女学校でたちまちクラスの人気者になった。色浅黒く活発だったため、級友たちから「九条の黒姫さま」と呼ばれた。
  2. ^ 皇室ジャーナリスト河原敏明の複数の著書より


「貞明皇后」の続きの解説一覧





貞明皇后と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「貞明皇后」の関連用語

貞明皇后のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ヤマザクラ

西洋人参木

招待客のマナー

TFL ツールス

轟渓流

マンハッタン

ドリッパー

平型プラグ





貞明皇后のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2017 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの貞明皇后 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS