豪雪地帯とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 気象 > 気候 > 地帯 > 豪雪地帯の意味・解説 

豪雪地帯

積雪が特にはなはだしいため、産業発展停滞的で、かつ、住民生活水準の向上が阻害されている地域における産業振興民生安定向上を目的として、「豪雪地帯対策特別措置法」(昭和37年法律73号)第2条第1項に基づき指定されている区域をいう。
このうち同法第2条第2項に基づき指定されている、積雪の度が特に高く、かつ、積雪により長期間自動車交通途絶する等により住民の生活に著し支障が生じる地域特別豪雪地帯という。

豪雪地帯

分野
地域に関する用語
意味:
豪雪地帯対策特別措置法」に基づく、政令定める期間の累年平均積雪積算値が5000cm・日以上の地域の内、政令定め道府県または市町村
備考
豪雪地帯のうち積雪量が特に多く住民の生活に著し支障生ず地域で、内閣総理大臣指定する市町村が「特別豪雪地帯」である。

豪雪地帯

作者見川鯛山

収載図書また本日休診
出版社集英社
刊行年月1987.12
シリーズ名集英社文庫


豪雪地帯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/10/28 13:48 UTC 版)

豪雪地帯(ごうせつちたい)とはに大量の積雪がある地域のことで、日本の法制度上は特に豪雪地帯対策特別措置法に基づき指定された地域を指す。


  1. ^ 「世界気候誌.1(アジアの気候)」p118 倉嶋厚
  2. ^ NOAA: Mt. Baker snowfall record sticks
  3. ^ アメリカの年間降雪量分布図
  4. ^ a b 豪雪地帯・特別豪雪地帯の指定(平成28年4月1日現在)”. 国土交通省. 2016年10月28日閲覧。
  5. ^ 豪雪地帯(特別豪雪地帯)指定地域(平成28年4月1日現在)”. 国土交通省. 2016年10月28日閲覧。


「豪雪地帯」の続きの解説一覧





豪雪地帯と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「豪雪地帯」の関連用語

豪雪地帯のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

工作車

ビロードキンクロ

湯河原沸石

斜めがけ

ヨコスジフエダイ

アロサウルス・フラギリス

エラフスホソアカクワガタ

びるご





豪雪地帯のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
農林水産省農林水産省
Copyright:2017 The Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries of Japan
気象庁気象庁
©2017 Japan Meteorological Agency. All rights reserved.
なお、「気象庁 予報用語」には、気象庁の「気象庁が天気予報等で用いる予報用語」に掲載されている2009年11月現在の情報から引用しております。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの豪雪地帯 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS