談義本とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 産業 > 出版 > > 談義本の意味・解説 

だん ぎぼん [0] 【談義本】

江戸時代宝暦1751~1764)から寛政1789~1801)・享和1801~1804)にかけて流行した滑稽読み物1752年刊の静観房好阿作「当世下手談義いまようへただんぎ)」に始まる。談義僧口調をまね,滑稽味と教訓性とを合わせもち,社会風刺した。滑稽本先駆談義物。

談義本

読み方:ダンギボン(dangibon)

江戸時代風刺的な小説

別名 教訓本、よみ本


戯作

(談義本 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/02/10 08:17 UTC 版)

戯作(げさく、ぎさく、けさく、きさく)とは、近世後期、18世紀後半頃から江戸で興った通俗小説などの読み物の総称。戯れに書かれたものの意。明治初期まで書かれた。戯作の著者を戯作者という。




「戯作」の続きの解説一覧





談義本と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

談義本に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「談義本」の関連用語

談義本のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

US-1A

飛騨木曽川国定公園

ニホンアマガエル

ビーノ

クロムメッキ仕上げ

ウインドガラスブレーカーナイフ

W63H

インナーキャップ





談義本のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの戯作 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS