解雇の自由とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 人材マネジメント用語 > 解雇の自由の意味・解説 

解雇の自由

・期間の定めのない雇用契約に関しては、2週間予告期間をおけば原則としていつでも労働者解雇できることとなっている(民法627条)。しかしながら解雇に関して使用者比較して立場の弱い労働者保護観点から多く規制労働基準法による規制労働組合法による不当労働行為による規制等)が設定されており、解雇濫用がなされないよう仕組みとなっている。

・ただし、その仕組み多様な法律裁判判例慣習慣例によって縛られている部分もあり、労使双方にとってわかり難いものになっており、労使間のトラブル発展しやすい状況を生んできた。

そのために、解雇ルール明確化を図る意味で「解雇の金銭解決制度、等」が労働契約法制定の中で検討されている。

関連ページ
人事制度




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「解雇の自由」の関連用語


2
6% |||||

解雇の自由のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

TMAX

安西勝一

固定衛星通信

Xmini

なべ

春日山丸

コーティングハロゲン球

手の関節





解雇の自由のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー
Copyright© 2017 Active and Company Ltd. All rights reserved.

©2017 Weblio RSS