観音経とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 古典文学作品名 > 観音経の意味・解説 

かん のんぎょう くわんおんぎやう 【観音経】


観音経

読み方:カンノンギョウ(kannongyou)

分野 仏典

年代 成立未詳

作者 著者未詳


観音経

読み方:カンノンギョウ(kannongyou)

作者 岡本かの子

初出 昭和14年

ジャンル 仏教啓蒙


法華経

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/10/06 03:31 UTC 版)

(観音経 から転送)

法華経』(ほけきょうほっけきょうとも)は、初期大乗仏教経典の1つである『サッダルマ・プンダリーカ・スートラ』(: सद्धर्मपुण्डरीक सूत्र, Saddharma Puṇḍarīka Sūtra 、「正しい教えである白い蓮の花の経典」の意)の漢訳での総称。[2]




  1. ^ 法華経の 現代の解説書にはしばしば、このような写真とこのような主旨の解説が添えられている。
  2. ^ 経の字をはずすと「法華」になるが、これは一般に「ほっけ」と発音する。
  3. ^ 優れたといっても、サンスクリット語原本に忠実な訳というわけではなく、漢文として読みやすいという方がより正確であろう。方便品末尾の十如是など、鳩摩羅什の創意により原本にない文章が付け加えられた所もある。岩本・坂本1976
  4. ^ この28品が法華経成立当初から全て揃っていたかどうかは後述の成立年代についての議論の通り、疑問だが、少なくとも智顗の説は28品全てがはじめから揃っていたことを前提として展開されている。岩本・坂本1976
  5. ^ 観世音菩薩の救済を説いた章だが、法華経との関連性は薄い。元々は別の経典だったとする説が根強い。詳細は観音菩薩の項目参照。
  6. ^ a b c d 『哲学 思想事典』岩波書店、1998年、pp.1485-1486 【法華経】
  7. ^ 苅谷定彦『法華経一仏乗の研究』1983
  8. ^ 『法華経の成立と思想』1993
  9. ^ 宮本正尊 編『大乗仏教の成立史的研究』(昭和29年) 附録第一「大乗経典の成立年代」
  10. ^ チベット仏教書籍のご紹介
  11. ^ CiNii 論文 - 金光明経の教学史的展開について14頁






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「観音経」の関連用語

観音経のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




観音経のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの法華経 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS