見付面積とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 自然科学 > 計測 > 面積 > 見付面積の意味・解説 

見付面積

風を受ける建物面積のことで、風圧力対する必要軸組長さ求め元になる。見付面積は、張り間方向(小屋梁と平行の方向)、けた行き方向(小屋梁と直角の方向)ともに、1階床から1.35m上に線を引き、それより上の部分垂直面積を指す。建築基準法では、2階建て以上あるいは延床面積50m2以上の木造住宅設計建設する場合地震力風圧力それぞれに対して必要な軸組長さ(必要壁量)を算定し、それぞれ基準値(風圧力場合は「見付面積×50cm/m2」が基準値となる)よりも大きくなければならない定めている。 ●例え張り間方向の見付面積が30m2の場合には、「30m2×50cm/m2」で、必要な軸組長さは15mになる。仮に4.5cm×9cmの2ツ割筋交い倍率2.0)を入れると、7.5m以上の軸組が入っていれば、「7.5m×2.0=15m」でOKになる。





見付面積と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「見付面積」の関連用語

見付面積のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




見付面積のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
SUUMO(スーモ)SUUMO(スーモ)
COPYRIGHT 2014 RECRUIT CO.,LTD
リクルート SUUMO(スーモ)住宅用語大辞典

©2014 Weblio RSS