見える化とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 人事労務用語 > 見える化の意味・解説 

見える化

「見える化」とは、企業活動現状進捗状況実績などをつねに見えるようにしておくこと。問題発生してもすぐに解決できる環境実現すると同時にビジネス現場そもそも問題発生しにくい環境変えるための、組織内体質改善業務改革取り組み全般指します。

見える化

読み方ミエルカ
【英】:visualization

見える化とは、生産活動企業活動を、直感的具体的に目で見て判断できる数字・図・グラフなどの指標表現すること。「可視化」とも呼ぶ。もともとは生産現場での品質管理ひとつとして問題点顕在化問題意識共有化などのために始まった活動だが、現在ではもっと広い意味として非製造分野(マネージメント企画企業経営など)でも使われている。
■ 関連技術

見える化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/01 00:45 UTC 版)

見える化(みえるか)とは、広義には可視化と同義だが、狭義には可視化されづらい作業の可視化を指す経営上の手法として使用される言葉である。学術的な用語として確立した言葉ではない。


[ヘルプ]
  1. ^ a b c 横浜信一「ITによる経営の「見える化」がパフォーマンスを高める」『日経ビジネスオンライン日経BP、2008年6月2日付配信
  2. ^ http://shahojsp.umin.jp/information/091207%20gan%20taisaku%20teigen%20s1207-9a.pdf (PDF)


「見える化」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「見える化」の関連用語

見える化のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

FLSTFB ANV

霧ヶ峰の高原と風

末續慎吾

ハリソン

Sストローク

日野デュトロ

デオ600系

KTR700型





見える化のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本の人事部日本の人事部
Copyright © 2004- 2017 i.Q. Co., Ltd. All Rights Reserved.
イプロスイプロス
COPYRIGHT © 2001-2017 IPROS CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED
モノシリ
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの見える化 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS