西鶴とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 文芸 > 西鶴 > 西鶴の意味・解説 

さいかく 【西鶴】 ○

井原(いはら)西鶴

井原西鶴

(西鶴 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/03 01:32 UTC 版)

井原 西鶴(いはら さいかく、寛永19年(1642年)?[注釈 1] - 元禄6年8月10日1693年9月9日))は、江戸時代大坂浮世草子人形浄瑠璃作者、俳諧師。別号は鶴永、二万翁、西鵬。




[ヘルプ]

註釈

  1. ^ 没年と没年齢からの逆算。
  2. ^ 北条団水編『団袋』の西鶴序に「ふるさと難波にて」とあり、団水は『こゝろ葉』に「摂ノ浪速ノ産」と書き、西鶴と面識のあった宝井其角も『句兄弟』に「されば難波江に生れて」と書いており、難波生まれ説が有力である。
  3. ^ 『西鶴大矢数』(1681年)の自跋に「予俳諧正風初道に入て二十五年」とあり、これは『誹諧石車』(1691年)の「西鵬誹道に入て三十餘年の執行」とも矛盾しない。
  4. ^ 『誹諧石車』に「西鵬詞に、俳諧程の事なれども、我三十年点をいたせしに」とある。
  5. ^ 翌年出版された『誹諧大坂歳旦』の西鶴句の詞書に「法躰をして」とある。またその句につけた鶴爪の「自由にあそばせ誹諧は花」から、この時に西鶴が隠居したという考えもある[要出典]
  6. ^ 「けんかずき」とよむ、つまり「喧嘩好き」

出典

  1. ^ 伊藤梅宇(伊藤仁斎の次男で、福山藩儒)の『見聞談叢』巻六に「平山藤五ト云フ町人」という記述(享保15年頃、長兄・伊藤東涯からの聞書き)があるが、他には見えないので本名か否かは不詳。
  2. ^ 『浮世草子目録』(『新群書類従』第七)貞享三丙寅年「西鶴が超凡雄健の筆になりし好色本は、流行其極に達し、翁が最得意の全盛期なりしに、本年遂に好色本差止の令は當路の有司より下されぬ」
  3. ^ 『土橋宗静日記』
  4. ^ (竹内玄々一 1892, pp. 48-49) 27コマ
  5. ^ 上之巻 井原西鶴「近代戯作者の逸なる近松門左衛門は此門にいづるといひ伝ふ」
  6. ^ 青空文庫、また『梵雲庵雑話』に収録されている。
  7. ^ 島村抱月、淡島寒月、水谷不倒、徳田秋声「五人女合評」、『早稲田文学』明治39年12月号。
  8. ^ 田山花袋「西鶴について」 『インキツボ』(1909年(明治42年))所収
  9. ^ 『西鶴と西鶴本』(元々社、1955年)、『井原西鶴』(吉川弘文館、1958年)
  10. ^ 中村幸彦他編 『森銑三著作集続編 第四巻 人物編四』 中央公論社、1993年所収。
  11. ^ 谷沢永一『執筆論』(東洋経済新報社、2006年)
  12. ^ 中村「編輯者西鶴の一面」(『西鶴論叢』所収、中央公論社、1975年。後に『中村幸彦著述集』5巻に再録)


「井原西鶴」の続きの解説一覧





西鶴と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

西鶴に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「西鶴」の関連用語

西鶴のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

守谷海水浴場

乗鞍コロナ観測所

変倍

CH-47J

フランジ

瓜生寅

犬塚の欅

シェイカーカップ





西鶴のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの井原西鶴 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS