西表石垣国立公園とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 建物・施設 > 施設 > 公園 > 日本の国立公園 > 西表石垣国立公園の意味・解説 

いりおもていしがきこくりつこうえん -こうゑん 【西表石垣国立公園】 ◇

亜熱帯原生林におおわれる西表島中心とし,石垣島一部と,両島にはさまれた日本最大珊瑚(さんご)礁が発達する周辺海域よりなる自然公園

西表石垣国立公園

写真:マングローブ林
マングローブ林

地図

マスクスノーケルをつけて海に入ると、豊穣世界眼前に展開する。造礁サンゴテーブル状、鹿角状、半球状などさまざまな形態をとり、平に広がり、礁斜面では折り重なり、その間を信じられないほど種類の多い泳ぎ回る。どれも赤、紫、青、黄など、鮮やかな色彩組み合わせ意表をつく配色を凝らしている。そうして、視界果ては、ものみなが吸い込まれるように青い帷に溶け込んで消えてゆく。

西表島と石垣島

写真:川平湾
川平湾

日本最南西端八重山やえやま列島のうち、西表島石垣島主要部周辺島々、及び両島間に広がる広大サンゴ礁海域からなる亜熱帯国立公園である。沖縄米国施政権下にあった昭和47年4月琉球政府立公園指定され、同年5月日本復帰同時に西表国立公園移行平成19年8月新たに石垣島地域加えて名称が変更された。

西表島面積289km2あり、沖縄県の島では沖縄本島次いで大きい。中央部標高400〜500mの山地で、平地は南側を除く海岸沿いにわずかに分布するだけである。島の80%が厚い照葉樹林で覆われており、高い原始性と貴重な学術的価値併せ持つ島である。

主な河川下流部は川幅広く、浦内(うらうち)川や仲間川河口から数km上流まで観光船が運行している。浦内川軍艦岩から約3km上流のマリュドゥ・カンピレー両滝までは探勝路が整備されていて、亜熱帯林探勝が容易にできる。内湾河口にはマングローブ群落発達する。仲間川下流マングローブ群落日本では最も規模大きなもので、面積約105haある。その後背地にはサキシマスオウノキなどの湿性続き中央部山地スダジイオキナワウラジロガシタブなどが陽光さえぎり林内にはヒカゲヘゴツルアダン繁茂して熱帯雰囲気色濃く醸し出している。また、仲間川中流西部の星立にはヤエヤマヤシ群落見られる

石垣島面積229km2八重山における経済交通中心地である。海岸に近い平野部開発進んでいるが、中央部から北部にかけての山地にはスダジイなどの自然林残りまた、沿岸にはサンゴ礁発達している。公園区域は沖縄県最高峰の於茂(おもと)登岳(526m)、桴海(ふかい)於茂登岳などの山地名蔵アンパル干潟マングローブ群落川平(かびら)湾、御神(おがん)崎、平久保周辺など中・北部の景勝地及び米原よねはら)や白保(しらほ)をはじめとするサンゴ礁海域を含む。米原にはヤエヤマヤシ荒川にはカンヒザクラ平久保にはヤエヤマシタンの自生地がある。

特色ある動物と華麗なサンゴ礁

写真:大きな板根を持つサキシマスオウノキ
大きな板根を持つサキシマスオウノキ

イリオモテヤマネコ西表島固有種として知られる。鳥類ではカンムリワシなど、日本では八重山地方にしか生息しない種類があり、両生爬虫類昆虫にも固有種国内では八重山のみに分布する種類が多い。

石垣島西表島の間に広がる海は石西礁湖せきせいしょうこ)と呼ばれる浅く波静か海域である。この中にある竹富(たけとみ)島、黒島小浜(こはま)島などは、ほとんどが隆起サンゴ礁からなる小さく平坦島々である。どの島も隅々まで開発され西表島のような原始性はないが、周囲美し砂浜サンゴ礁に囲まれている。竹富島民俗芸能宝庫として知られ、また、伝統的集落景観保存にも努めている。

この海域生息するサンゴ360種以上が知られる。かつて絢爛華麗な海中景観を展開していたサンゴ礁は、昭和50年代大発生しオニヒトデ食害を受けて壊滅的打撃を受けた。その後一部回復したが、なお開発による土砂流入白化現象、さらに最近では感染症とみられる病気などによる影響を受け、往時比べる大きく衰退している。そのためサンゴ礁再生向けて取り組みが始まっている。

イリオモテヤマネコ

写真:アカウミガメ

昭和42年に新属新種として学会発表されたが、現在では、アジア広く分布するベンガルヤマネコ同属独立種で、西表島固有種とされている(環境省)。大きさイエネコよりわずかに大きい。

主に低地の沢沿いにすみ、トカゲ類、昆虫などを捕食する。泳ぐのも巧みである。約100頭が生息すると推定されているが、低湿地開発交通事故ノネコとの接触による病気感染などが心配される。

※記事・写真等の無断転載を禁じます。

関連リンク


西表石垣国立公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/09/25 02:20 UTC 版)

西表石垣国立公園(いりおもていしがき こくりつこうえん)は、沖縄県西表島石垣島とその周辺の島々および海域にまたがる国立公園である。




[ヘルプ]
  1. ^ 西表石垣国立公園の区域図 (PDF)”. 環境省. 2012年10月8日閲覧。
  2. ^ a b c 環境省報道発表資料(2016年4月14日)。公園面積については、同ページにリンクしているPDFファイル「西表石垣国立公園の公園区域及び公園計画の変更の概要」による。
  3. ^ 国立公園の利用者数(公園、年次別) (PDF)”. 環境省. 2012年10月8日閲覧。
  4. ^ a b 2007年(平成19年)8月1日環境省告示第49号「西表国立公園の公園区域を変更し、名称を西表石垣国立公園に改める件」
  5. ^ 報道発表資料【開催予定】石垣島の国立公園編入に関する説明会の開催 - 九州地方環境事務所
  6. ^ 西表島国立公園大規模拡張へ 石垣島の陸域7022ヘクタールと周辺海域編入 【八重山毎日オンライン】
  7. ^ 沖縄タイムス2007年5月8日の記事
  8. ^ a b 西表石垣国立公園の公園区域及び公園計画の変更(H24.3.27 告示)の概要 那覇自然環境事務所
  9. ^ 2007年(平成19年)8月1日環境省告示第53号「西表石垣国立公園の海中公園地区を指定する件」
  10. ^ 2003年(平成15年)3月31日環境省告示第51号「西表国立公園の区域の海面内に海中公園地区を指定する件」
  11. ^ 同年4月28日政令第103号「沖繩の復帰に伴う環境庁関係法令の適用の特別措置に関する政令」
  12. ^ 同日環境庁告示第124号「国立公園に関する件」
  13. ^ 同日環境庁告示第30号「国立公園に関する件」
  14. ^ 同日環境庁告示第106号「国立公園に関する件」
  15. ^ 同日環境省告示第47号「西表国立公園の公園区域を変更する件」
  16. ^ 同日環境省告示第52号「西表国立公園に関する公園計画を変更する件」
  17. ^ 沖縄タイムス2007年6月30日の記事
  18. ^ 同日環境省告示第48号「西表国立公園の公園区域を変更する件」
  19. ^ 環境省自然ふれあい推進室"表II-9 国立公園内ビジターセンター等利用者数"自然公園等利用者数調(2013年3月16日閲覧。)


「西表石垣国立公園」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

西表石垣国立公園に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「西表石垣国立公園」の関連用語

西表石垣国立公園のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

西海国立公園

利尻礼文サロベツ国立公園

足摺宇和海国立公園

大雪山国立公園

利尻礼文サロベツ国立公園

西海国立公園

大山隠岐国立公園

南アルプス国立公園





西表石垣国立公園のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
一般財団法人自然公園財団一般財団法人自然公園財団
Copyright 2016 一般財団法人 自然公園財団 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの西表石垣国立公園 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS