西田昌司とは?

西田昌司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/07/31 16:39 UTC 版)

西田 昌司(にしだ しょうじ、1958年(昭和33年)9月19日 - )は、日本政治家自由民主党所属の参議院議員(2期)、自民党副幹事長、自民党京都府連会長、きょうと青年政治大学校事務総長、自民党税制調査会幹事、与党整備新幹線建設推進プロジェクトチーム検討委員会委員長。




注釈

  1. ^ この選挙における自民党と共産党との共闘を疑問視する視聴者からのメールに対し「思考停止」「全く関係ない」とし、共産党との共闘を推奨した[79]
  2. ^ 柳本と栗原は敗戦の弁として、共産党との共闘が市民に理解されなかった事を認めている。

出典

  1. ^ 西田昌司「父・西田吉宏を語る」
  2. ^ 「常識への帰還―西田昌司さんと学生たちの語らい」『京の発言』第7号
  3. ^ 読売新聞』2011年3月7日朝刊。
  4. ^ 「真正保守政権を構想する」連続フォーラム第1回の講演など。
  5. ^ a b “前原殺した“爆弾男”スゴい情報網 事務所には抗議殺到”. zakzak (夕刊フジ). (2011年3月5日). http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20110305/plt1103051458000-n1.htm 2012年2月11日閲覧。 
  6. ^ 京都新聞』2009年5月23日朝刊。
  7. ^ 西田昌司「父・西田吉宏を語るII」
  8. ^ 「常識への帰還―西田昌司さんと学生たちの語らい」『京の発言』第7号
  9. ^ 『京都新聞』2009年5月23日朝刊。
  10. ^ 正論』2012年3月号50-91頁。
  11. ^ 朝日新聞』2012年2月18日朝刊。
  12. ^ a b “自民党調査会で反対論続出「党執行部がふらふらしている」”. 産経新聞. (2011年10月27日). http://sankei.jp.msn.com/politics/news/111027/stt11102711310001-n1.htm 2012年3月10日閲覧。 
  13. ^ a b “「戦う気ないなら辞めろ」=谷垣総裁に党内から不満-自民”. 時事通信社. (2011年11月10日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201111/2011111001120 2012年3月10日閲覧。 
  14. ^ a b “自民懇談会、執行部批判が噴出 曖昧姿勢弱る結束”. 産経新聞. (2011年11月30日). http://sankei.jp.msn.com/politics/news/111130/stt11113023320017-n1.htm 2012年3月10日閲覧。 
  15. ^ 西田昌司「必ず潰す!世紀の悪法「人権侵害救済法案」」
  16. ^ a b 西部邁『小沢一郎は背広を着たゴロツキである。―私の政治家見験録―』(飛鳥新社、2010年)214頁。
  17. ^ 西田昌司「自民党よ、保守政党としての原点に戻れ」
  18. ^ 『西部邁ゼミナール』2010年4月17日放送。
  19. ^ 自民党よ、保守政党としての原点に戻れ機関紙showyou第60号 2009年10月01日発行。
  20. ^ a b “鳩山シドロモドロ“新・爆弾男”西田議員に民主戦々恐々”. zakzak (夕刊フジ). (2010年1月29日). http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20100129/plt1001291622005-n2.htm 2010年2月5日閲覧。 [リンク切れ]
  21. ^ 西田昌司「二階議員と鳩山邦夫議員を処分すべきだ」 - YouTube
  22. ^ a b c d e 自民の“爆弾男” 西田議員が唱える「廃憲論」って?」、『週刊朝日』2013年2月22日号、朝日新聞出版2013年2月14日2013年3月3日閲覧。
  23. ^ 時事通信 2010年8月4日。
  24. ^ 『産経新聞』2010年8月5日朝刊。
  25. ^ 『産経新聞』2010年10月15日朝刊。
  26. ^ 『毎日新聞』2011年8月13日朝刊。
  27. ^ 詳細は「前原の在日韓国人献金問題・引責辞任」「野田の政治資金問題」「蓮舫が暴力団関係者から受けた献金」「菅の在日韓国人違法献金問題」などを参照。
  28. ^ a b c “我が身に危険を感じても戦う 西田昌司事務所―「民主党の闇」が存在している”. やまと新聞社. (2011年12月9日). http://www.yamatopress.com/c/27/178/4567/ 2012年3月6日閲覧。 
  29. ^ “前原外相 外国人から献金 規正法に抵触 暴力団関係者からも”. しんぶん赤旗. (2010年3月5日). http://www.jcp.or.jp/akahata/aik10/2011-03-05/2011030501_02_1.html 2012年3月14日閲覧。 
  30. ^ “前原辞任、実は「泥舟から逃げた!」暴力団絡みの疑惑も浮上”. zakzak (夕刊フジ). (2010年3月7日). http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20110307/plt1103071135000-n1.htm 2012年3月14日閲覧。 
  31. ^ “前原外相へ新たに50万円 別の脱税関連企業から 民主党・野田財務相、みんな・渡辺代表へも”. しんぶん赤旗. (2010年3月7日). http://www.jcp.or.jp/akahata/aik10/2011-03-07/2011030714_01_1.html 2012年3月14日閲覧。 
  32. ^ “前原辞任、企業舎弟からの献金は誤記載と釈明”. 田中龍作ジャーナル. (2010年3月7日). http://tanakaryusaku.jp/2011/03/0002057 2012年3月14日閲覧。 
  33. ^ “前原前外相と脱税社長の銀座クラブ黒い“豪遊”録”. 週刊実話. (2010年3月28日). http://wjn.jp/article/detail/7099359/ 2012年3月14日閲覧。 
  34. ^ “議員歳費減額法が成立 震災復興に1人300万円削減”. 産経新聞. (2011年3月31日). http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110331/fnc11033122310016-n1.htm 2011年6月5日閲覧。 
  35. ^ “何気ない言動に隠された政治家の「今」”. 産経新聞. (2011年7月18日). http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110718/stt11071818010001-n1.htm 2011年10月11日閲覧。 
  36. ^ 詳細は「菅から日本人拉致事件容疑者親族の政治団体への献金問題」を参照。
  37. ^ “「存在しないカネどこから」菅首相団体、規正法抵触か 市民の党問題 現金足りず寄付不能”. 産経新聞. (2011年8月11日). http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110811/crm11081121370030-n1.htm 2012年3月5日閲覧。 
  38. ^ 産経だけが騒ぐ菅直人首相の献金問題「民主党の北献金に沈黙するテレビ新聞」とする画像がネット拡散!-ネットのニュースランキングでも出てこないベスト&ワースト(2011年7月13日)。
  39. ^ 西田昌司「悪政にひた走る野田総理とマスコミを糾弾せよ」
  40. ^ 『産経新聞』2012年1月30日朝刊。
  41. ^ “靖国神社放火犯はだれなのか 「予告ツイート」のナゾ深まる”. Jcast. (2011年12月27日). http://www.j-cast.com/2011/12/27117770.html?p=all 2012年3月7日閲覧。 
  42. ^ “安倍元首相にもサイバー攻撃!エロ動画の次はファイル書き換え”. zakzak (夕刊フジ). (2012年2月2日). http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20120202/dms1202021233012-n1.htm 2012年2月11日閲覧。 
  43. ^ “自民・西田氏、公務員給与削減で造反”. TBS. (2011年3月31日). http://news.tbs.co.jp/20120229/newseye/tbs_newseye4965462.html 2011年6月5日閲覧。 
  44. ^ 安倍政権の誕生で日本再興を機関紙showyou第72号 2012年10月20日発行。
  45. ^ 『京都新聞』2012年10月5日朝刊。
  46. ^ “北陸新幹線、若狭ルートから検証 敦賀以西で与党検討委員会始まる”. 福井新聞(福井新聞ONLINE) (福井新聞社). (2015年8月7日). http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/super_expless/77142.html 2015年9月8日閲覧。 
  47. ^ 「北陸新幹線の与党検討委員会 座長に就任しました」西田昌司 街頭活動
  48. ^ a b 『正論』2012年3月号50-91頁。
  49. ^ “野田首相、副大臣ら4人の辞表受理に「非常に危機感持ちながら対応している」”. FNNニュース (フジニュースネットワーク). (2012年4月4日). http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00220630.html 2012年4月8日閲覧。 
  50. ^ “国会ネット観戦急増 失言・カネ質疑がアクセス上位”. 朝日新聞. (2011年1月14日). http://www.asahi.com/special/minshu/TKY201101130639.html 2012年4月21日閲覧。 
  51. ^ 菅首相が閉口する“ヤジ将軍”ウラに控えるのはあの元首相週刊文春WEB2010年12月16日
  52. ^ WiLL』2012年12月号。[要ページ番号]
  53. ^ 『Cafesta』2011年6月23日放送。
  54. ^ 2011年11月11日や2012年3月12日の参議院予算委員会での野田首相や安住淳財務大臣
  55. ^ 西田昌司「米・中に振り回されるTPP」
  56. ^ 西部邁『小沢一郎は背広を着たゴロツキである。―私の政治家見験録―』(飛鳥新社、2010年)213頁。
  57. ^ 『西部邁ゼミナール』2012年1月28日放送。
  58. ^ 無届けで海外渡航の西田議員を厳重注意 参院MSN産経ニュース2012年8月22日
  59. ^ a b c d “高市氏が極右代表と写真 稲田氏も「素性知らずに」”. 共同通信社. 47NEWS. (2014年9月10日). http://www.47news.jp/47topics/e/256845.php?__from=mixi 2014年10月8日閲覧。 
  60. ^ a b c 荻上チキ・Session-22 2014年9月12日アーカイブ”. 荻上チキ・Session-22. TBSラジオ. 2014年10月8日閲覧。
  61. ^ 「米ユダヤ系人権団体:高市総務相ら写真に強い不満表明」毎日新聞、2014年9月10日
  62. ^ 『正論』2011年4月号。[要ページ番号]
  63. ^ 『西部邁ゼミナール』2009年2月21日放送。
  64. ^ 【西田昌司】特定秘密保護法案、民主主義を踏み躙っているのは誰なのか? 日本文化チャンネル桜、2分30秒付近
  65. ^ 伝えよう!美しい精神と!自然日本の背骨を取り戻せ!機関紙showyou第49号 2006年10月01日発行。
  66. ^ 「婚外子相続差別は違憲 最高裁大法廷」日本経済新聞 2013年9月4日
  67. ^ 「自民法務部会 民法改正案の了承見送り」NHK NewsWeb 2013年10月29日
  68. ^ 「(権力の鍵)婚外子 民法改正、滞る審査 保守系議員、立ち塞がる」、日本経済新聞、2013年11月4日
  69. ^ 北海道新聞 2013年11月4日
  70. ^ 「『ちゃんとした子どもを作って国力増強!』と連呼する婚外子差別のメンタリティ」、HUFF POST Society、2013年11月15日
  71. ^ 西田昌司「夫婦別姓反対 選択ではなく引き受ける覚悟が必要!」
  72. ^ 「週刊しんぶん京都民報」2007年6月3日
  73. ^ 参議院会議録情報 第179回国会 憲法審査会 2号 平成23年11月28日。
  74. ^ 『田中康夫のにっぽんサイコー!』2012年4月15日放送。
  75. ^ 『田中康夫のにっぽんサイコー!』2011年12月24日放送。
  76. ^ a b “2013参院選 選挙区 京都 西田昌司”. 毎日jp (毎日新聞社). http://senkyo.mainichi.jp/2013san/kaihyo_area_meikan.html?mid=B26000005001 2013年10月1日閲覧。 
  77. ^ しんぶん赤旗 2013年1月6日
  78. ^ 「橋下市長、維新のやり方に恐怖を覚えませんか?」週刊西田一問一答
  79. ^ 「大阪W選挙で共産党が自民党に協力協調をするのはいかがなものか?」週刊西田一問一答
  80. ^ 大阪ダブル選、維新2氏が当確 「都構想」再設計へ”. 日本経済新聞 (2015年11月23日). 2015年11月23日閲覧。
  81. ^ 「ここ最近、橋下徹がヒトラーに見えてきました。眼科に行くべきでしょうか?」週刊西田一問一答
  82. ^ “北陸新幹線の京都駅通過は絶対 西田昌司委員長が見解示す”. 福井新聞. (2015年11月24日). http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/super_expless/84203.html 2016年1月2日閲覧。 
  83. ^ “北陸新幹線、京都駅経由3案に 湖西、小浜ルート除外”. 京都新聞. (2016年3月10日). http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20160310000187 2016年3月13日閲覧。 
  84. ^ 舞鶴も経由、第5のルート浮上 新幹線敦賀以西、関空延伸案も”. 中日新聞 (2016年2月9日). 2016年2月13日閲覧。
  85. ^ a b “北陸新幹線、大阪延伸ルートで新たに2案 協議難航も”. 日本経済新聞社. (2015年12月11日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS11H3B_R11C15A2PP8000/ 2016年2月14日閲覧。 
  86. ^ 第190回参議院、提出番号6、参議院議案情報[1]
  87. ^ 「ヘイト規正法 低すぎる危機意識」熱血弁護士堀内恭彦の一筆両断(産経ニュース2016.5.26)[2]
  88. ^ 第190回 参議院 法務委員会 平成28年4月19日 第8号 (PDF)
  89. ^ a b c d 俵義文、日本会議の全貌、花伝社、2016年


「西田昌司」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「西田昌司」の関連用語

西田昌司のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

大腿骨

カラーチェンジ効果

リンキッド

石鎚国定公園

淮猪

あめりか丸

ドーセットダウン

シルバークイーン





西田昌司のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの西田昌司 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS