衣文掛けとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 衣文掛けの意味・解説 

衣紋掛け

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/03/09 01:05 UTC 版)

(衣文掛け から転送)

衣紋掛け(衣紋掛、えもんかけ)とは、衣服の袖に短い棒を通し、その棒を紐でつるして干す道具[1]。衣類用のハンガーと同義だが、特に和服用のハンガーを指す場合がある。また、これとは別に、衣桁(いこう)のことを衣紋掛けと呼ぶこともある。[1]


脚注


「衣紋掛け」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

衣文掛けに関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

衣文掛けのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

太宰府天満宮の梅林とクスノキの森

加古川

ウォークダウン

国際原子力事象評価尺度

820P

渡船

ウーロン茶の製造工程

尻屋埼灯台





衣文掛けのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの衣紋掛け (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2015 Weblio RSS