蜻蛉とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 蜻蛉 > 蜻蛉の意味・解説 

あきず あきづ 【〈蜻蛉〉・秋津】

平安時代以降は「あきつ」とも〕
トンボ異名[季] 秋。 「手腓たこむら?(あむ)かきつきその?を-早咋(はやぐ)ひ/古事記

あきつ 【〈蜻蛉〉・秋津】

古くは「あきづ」〕
トンボ異名[季] 秋。 → あきず(蜻蛉・秋津

えんば ゑんば 【〈蜻蛉〉】


かげろう かげろふ [2] [0] 【〈蜻蛉〉・〈蜉蝣〉】

カゲロウ目昆虫総称多く体長1015ミリメートル。体はか弱く細長で,二本または三本糸状の尾がある。はねは膜状で,後ろばねは小さいかまたは欠如する。不完全変態行い若虫水中一年以上を過ごし,羽化して亜成虫となり,さらに脱皮して成虫となる。成虫寿命数時間から一週間ぐらいで,短命はかないもののたとえにされる。日本にはヒラタカゲロウ・トビイロカゲロウなど約60種が知られる。ウスバカゲロウ・クサカゲロウなどはアミメカゲロウ目に属し,分類上は異なった種類[季] 秋。 〔陽炎かげろうゆらめき思わせる飛び方をするところからの名といわれる
[句]

せい れい [0] 【蜻

トンボの別名。

とんぼ [0] 【〈蜻蛉〉・〈蜻蜓〉】

トンボ目昆虫総称世界で約6000種が命名されている。熱帯多く日本には,約200種がいる。目は大きな複眼で,発達した口器をもつ。胴は細長い棒状で,細長い二対の羽をもつ。幼虫水中にすみ,ヤゴと呼ばれ,成虫とともに害虫捕食するので益虫とされる。あきつ。かげろうとんぼうだんぶり[季] 秋。
多色印刷で,刷り合わせを正確にするため,版面につける見当合わせ用の十字形の印。
(「筋斗」とも書く)「とんぼ返り」に同じ。 → とんぼをきる
とんぼ持ち 」の略。
[句]

とんぼう とんばう [0] 【〈蜻蛉〉】

とんぼ(蜻蛉) 」に同じ。 [季] 秋。

とんぼ 【蜻蛉】

トンボ目属す昆虫総称日本では古くはアキヅ・アキツ(秋津)と呼んだ。初秋突如群れをなして飛来するところから、祖霊が姿を変えて来たとの俗信があり、捕ることを忌み、捕った時は「盆と正月礼に来い」と唱え放つ風習があった。だが西洋では不吉とすることが多い。に危険が近づくトンボがそれを知らせるという迷信もある。

蜻蛉

作者吉村昭

収載図書炎のなかの休暇
出版社新潮社
刊行年月1986.7
シリーズ名新潮文庫


蜻蛉

作者ラフカディオ・ハーン

収載図書蝶の幻想
出版社築地書館
刊行年月1988.9


蜻蛉

作者戸部新十郎

収載図書代表作時代小説 46(平成12年度)
出版社光風出版
刊行年月2000.5

収載図書幻剣蜻蛉
出版社祥伝社
刊行年月2000.9
シリーズ名祥伝社文庫


蜻蛉

作者中原中也

収載図書新編 中原中也全集 第四評論小説
出版社角川書店
刊行年月2003.11


蜻蛉


蜻蛉

読み方:トンボ(tonbo)

トンボ目昆虫総称


蜻蛉


蜻蛉

読み方:とんぼ

  1. 荷車の後をつけ車上物品窃取すること。「源氏追ひ」「蜂追ひ」に同じ。或は釘のことを云ふ。
  2. 荷車の後をつけ車上の物を窃取することをいう。「源氏追い」「蜂追い」と同じ。②刑事のこと。

蜻蛉

読み方:とんぼ

  1. 通行中ノ荷車追随シテ車上物件窃取スルノ所為。〔第三類 犯罪行為

蜻蛉

読み方:とんぼ

  1. 釘。〔第六類 器具食物

蜻蛉

読み方:とんぼ

  1. 外交員又は女給を云ふ。

分類 不良青少年軟派

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

蜻蛉

読み方:トンボ(tonbo)

蜻蛉目昆虫総称

季節

分類 動物


蜻蛉

読み方:トンボ(tonbo)

作者 阿部昭

初出 昭和62年

ジャンル 随筆


蜻蛉

読み方:トンボ(tonbo)

作者 志賀直哉

初出 大正6年

ジャンル 小説


蜻蛉

読み方:トンボ(tonbo)

作者 人見東明

初出 明治43年

ジャンル


蜻蛉

読み方:トンボ(tonbo)

作者 山村暮鳥

初出 大正4年

ジャンル 随筆


蜻蛉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/12/31 17:28 UTC 版)

蜻蛉

関連項目



蜻蛉

出典:『Wiktionary』 (2010/08/28 23:21 UTC 版)

名詞

蜻 蛉セイレイ

  1. (とんぼ、あきつ、あきづ; 熟字訓トンボ目昆虫総称詳細とんぼ 参照
  2. かげろう; 熟字訓カゲロウ目昆虫総称詳細かげろう蜉蝣参照





蜻蛉と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

蜻蛉に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「蜻蛉」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ステア特性

リヨン

鼻紋

USBミニ端子

スターンテイラー

油井

S-1026

スクエア包みの応用





蜻蛉のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2017 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2017 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの蜻蛉 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの蜻蛉 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2017 Weblio RSS