虚偽告訴罪とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 虚偽告訴罪の意味・解説 

虚偽告訴罪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/22 04:34 UTC 版)

虚偽告訴等罪(きょぎこくそとうざい)とは、刑法が定める犯罪類型の一つで、刑事実務上および刑法学上の用語。誣告罪とも呼ばれる。他人に刑罰懲戒を受けさせる目的で、虚偽の告訴をする行為を内容とする。告訴だけでなく虚偽の告発や、処罰を求めての申告も含む。




  1. ^ 林幹人 『刑法各論 第二版 』 東京大学出版会(1999年)454頁
  2. ^ 他人の成功を強く妬みを持つを意味する韓国の慣用句
  3. ^ http://v.media.daum.net/v/20170131050143555


「虚偽告訴罪」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「虚偽告訴罪」の関連用語

虚偽告訴罪のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

docomo SMART series F-04A

辰ノ島海水浴場

アカハラ

日野川

関門海峡の潮騒と汽笛

第五しょうどしま丸

赤城山

那須野ヶ原用水





虚偽告訴罪のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの虚偽告訴罪 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS