葵葉透図鐔とは?

Weblio 辞書 > 文化 > 刀装具一覧 > 葵葉透図鐔の意味・解説 

葵葉透図鐔

きようずつば
地変丸形肉彫地透
江戸中期長門国
71ミリ
73ミリ
切羽厚さ4.3ミリ
上製落込桐箱
佐藤寒山博士箱書

を巴のように大胆組み合わせた、シンプルながら洗練味を感じさせる優れた意匠。よく鍛えられた地を鋤き下げ立体的に肉彫表現し、地を透かし陰影を明確にしている。中心から徐々に膨らみ持たせは縁に向かって再び薄い肉取りとし、耳は主題そのまま写実的葉脈表側の肉彫に対して葉裏毛彫手触り良い滑らかな感触そのままこの鐔の素質鍛え良さを意味している。友恒は長州を代表する鐔工で数代あると考えられており、この鐔は比較薄手造り込みから元禄頃の作と鑑られる。

葵葉透図鐔




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「葵葉透図鐔」の関連用語

1
100% |||||

葵葉透図鐔のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

秋草図鐔

対鶴図鐔

車透図鐔

帰雁水月図鐔

三引両紋図鐔

立鶴図小柄

梅樹透図鐔

月下釜洗図鐔





葵葉透図鐔のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
銀座長州屋銀座長州屋
Copyright (c)1998-2017 Ginza Choshuya Co.Ltd. All rights reserved

©2017 Weblio RSS