落花生油とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 食物 > 食品 > 落花生 > 落花生油の意味・解説 

らっ かせい ゆ らくくわ- [4] 【落花生油】

落花生種子から得た不乾性油。独特の風味があり,オレイン酸主成分とし,ほかにリノール酸などを含む。マーガリンなどの食用のほか,石鹼(せつけん)軟膏などに用いる。ピーナッツ-オイル

落花生油

落花生の実から圧搾法または圧抽法によって得られる不乾性油である。落花生油は品質安定しており、芳香もあるので好まれる。
沃素価84103比重d0.909~0.916、屈折率n1.468~1.471、鹸化価188196、不鹸化物1.5%以下、ロダン6773水産基価2.5~9.5である。脂肪酸組成は、パルミチン酸1012%、ステアリン酸2~5%、オレイン酸4049%、リノール酸3037%、リノレン酸0~2%、アラキジン酸1~2%、エイコセン酸0~2%、ベヘン酸0~4%、リグノセリン酸0~2%である。最近、落花生油の精製時に白土代わりにアルミナ脱色すると保存性のよい油が得られるという研究や、落花生焙焼時の芳香原因物質分離がなされている。
落花生油

落花生油

落花生の実

原産国南米ブラジルペルースリナム)、現在では世界的作物

ピーナッツオイル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/04/24 13:50 UTC 版)

(落花生油 から転送)

ピーナツオイルピーナツ油(Peanut oil)とは、ピーナッツ(落花生)の種子から圧搾法で抽出後、高温精製される植物油である。不乾性油である。


  1. ^ a b c 食物アレルギーの研究 兵庫医科大学免疫学・医動物学講座
  2. ^ 以前は、乳幼児は母乳や胎盤を介してもアレルゲンに感作されると考えられ、授乳中の母親と乳幼児に対して食事制限が行われたが、これによってアレルギーの発症率はむしろ上昇した。この説は現在では完全に否定され、2008年にイギリスのLackによって、「経皮的に食物アレルゲンに曝露されると感作が成立し、適切な量とタイミングで経口摂取された食物は、むしろ免疫寛容を誘導する」という二重抗原曝露仮説が提唱されている。


「ピーナッツオイル」の続きの解説一覧





落花生油と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

落花生油に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「落花生油」の関連用語

落花生油のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

大豆油

桐油

つばき油

アボカド油

オリーブ油

ひまし油

カカオ脂

ぶどう種子油





落花生油のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
油屋.com油屋.com
All Copyright Reserved (C) Kaneda shouji Co., Ltd. 2000 -2016
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのピーナッツオイル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS