萩原朔太郎とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 作家 > 詩人 > 日本の詩人 > 萩原朔太郎の意味・解説 

はぎわらさくたろう はぎはらさくたらう 【萩原朔太郎】 ○


萩原朔太郎

読み方はぎわら さくたろう

詩人群馬県生。北原白秋を師と仰ぎ、「創作」「地上巡礼」「アルス」などに作品発表大正5年には室生犀星山村暮鳥らと詩誌「感情」を創刊した。処女詩集月に吠える』によって現代語を自由に駆使して詩壇新風送り、続く『青猫においてはデカダン悲哀や、近代人憂愁・微妙な心理状態などを抒情的精神をもってうたい上げ日本近代詩歌中の代表的詩集としての評価は高い。昭和17年1942)歿、56才。

萩原朔太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/11/02 06:36 UTC 版)

萩原 朔太郎(はぎわら さくたろう、1886年明治19年)11月1日 - 1942年昭和17年)5月11日)は、日本詩人大正時代近代詩の新しい地平を拓き「日本近代詩の父」と称される。




[ヘルプ]
  1. ^ 詩人全集(1966年)P.319
  2. ^ (「永遠の退屈」)
  3. ^ 関川夏央(「あはれ花びらながれ…」『やむを得ず早起き』小学館 2012年
  4. ^ 『現代文学大系〈第34〉萩原朔太郎,三好達治,西脇順三郎集』(筑摩書房1978年、ASIN B000JAUHJ0、P493)
  5. ^ 現在、文化財として保存されている。
  6. ^ 詩人全集(1966年)P.322
  7. ^ 詩人全集(1966年)P.323
  8. ^ 『季刊クラシックカメラNo.5ツァイス』p.116。


「萩原朔太郎」の続きの解説一覧





萩原朔太郎と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

萩原朔太郎に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「萩原朔太郎」の関連用語

萩原朔太郎のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

寺町寺院群の鐘

大山用水

片山 安雄

薄層アスファルト舗装

さつま和紙

揖斐関ヶ原養老国定公園

古和秀水

ガメ





萩原朔太郎のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2017 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの萩原朔太郎 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS