菅家後集とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 文芸 > > 菅家後集の意味・解説 

かん けこうしゅう くわん -しふ 【菅家後集】

漢詩集。一巻菅原道真作。903年以前成立死に臨んで道真が自らの詩を集め紀長谷雄きのはせおに贈ったものという。大宰府左遷後の詩三八編を収める正称は「西府新詩」。菅家後草

菅家後集

読み方:カンケコウシュウ(kankekoushuu)

分野 漢詩

年代 平安前期

作者 菅原道真






菅家後集と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「菅家後集」の関連用語

菅家後集のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

アタリ

箱根大涌谷硫黄のかおり

カナダカワウソ

オオクワガタ

1200形

イセⅠ型

Passat

SM125





菅家後集のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2017 Weblio RSS