荒魂とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 歴史民俗用語 > 荒魂の意味・解説 

荒魂

読み方:アラミタマ(aramitama)

物事に対して激しく活動する神霊


荒魂

作者石川淳

収載図書石川淳全集 第7巻
出版社筑摩書房
刊行年月1989.11


荒魂

読み方:アラタマ(aratama)

作者 石川淳

初出 昭和38~39年

ジャンル 小説


荒魂・和魂

(荒魂 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/20 08:27 UTC 版)

荒魂(あらたま、あらみたま)・和魂(にきたま(にぎたま)、にきみたま(にぎみたま))とは、神道における概念で、霊魂が持つ2つの側面のことである。


  1. ^ a b 宇宙之精神. 巻之1 神習教大教庁出版部 明39.10
  2. ^ 『神道行法の本―日本の霊統を貫く神祇奉祭の秘事』 学研(原著2005年2月25日)。ISBN 9784056037753


「荒魂・和魂」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

荒魂に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「荒魂」の関連用語

荒魂のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

屋敷伸之

岩崎弥太郎

docomo STYLE series L-04A

銃架

マジェスティ

My OASYS2

工作車

サムソー





荒魂のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの荒魂・和魂 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS