航空巡洋艦とは?

Weblio 辞書 > 工学 > 航空軍事用語 > 航空巡洋艦の意味・解説 

【航空巡洋艦】(こうくうじゅんようかん)

航空母艦航空機運用能力と、巡洋艦戦闘力兼ね備えるべくつくられた艦艇
ただし実際に性能中途半端になるため、実用例はほとんどない

第二次世界大戦中日本海軍重巡洋艦最上」の後部甲板飛行甲板改装して航空巡洋艦に仕立てあげ、また、スウェーデン海軍では「ゴトランド」を新造した。
ただし、これらの艦に搭載された機体水上偵察機であったため、実質的には水上機母艦に近かった。

そして戦後には、ソ連軍VTOL機運用するキエフ級や、CTOL機運用可能なアドミラル・オブ・ザ・ソビエトフリート・NG・グズネツォフといった事実上航空母艦」である艦を、「航空巡洋艦」として就役させた。
これには、一般にふたつの理由が言われている。
ひとつは、ソ連艦載機として開発された機体いずれも搭載力が不足していたうえ、ミサイル小型化が進められなかったことから、それらの艦の艦載兵装が異常に強力となってしまったため、純粋な航空母艦とは言えなかったこと。
もうひとつは、旧ソ連参加して1936年締結された「モントルー海峡条約」にて、トルコ領に面し、黒海地中海をつなぐボスポラス海峡における戦艦航空母艦といった大型戦闘艦艇の航行が禁じられていることと、ロシア黒海沿岸以外に大型艦を建造可能な造船所及び不凍港を持っていないことから、他国のように純粋な航空母艦保有することが出来ない、という政治的事情作用している。

関連航空戦艦


航空戦艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/02/24 16:00 UTC 版)

(航空巡洋艦 から転送)

航空戦艦(こうくうせんかん)とは、戦艦としての大口径砲を装備し、かつ航空母艦又は水上機母艦に準ずる航空機運用能力を持っている軍艦のこと。




  1. ^ 伊勢型戦艦―航空打撃力を有する世界で唯一の航空戦艦(学研 ISBN 9784056020663


「航空戦艦」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

航空巡洋艦に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「航空巡洋艦」の関連用語

航空巡洋艦のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




航空巡洋艦のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの航空戦艦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS