自然放射線とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 自然科学 > 物理学 > 放射線 > 自然放射線の意味・解説 

自然放射線

読み方しぜんほうしゃせん
英語表記natural radiation

自然放射線は、宇宙線のほかウラントリウムラジウムカリウム-40のような自然界にある放射性核種からの放射線をいう。
この自然放射線の量を「バックグランド」とも呼ぶ。
自然放射線は、大地含まれる天然放射性核種含有量により、地域によって大きな差がある。
原子力利用放射線発生装置人工利用によって発生する放射線区別して用いられる言葉である。
  (自然放射線に対して人工放射線と言う用語は正確な用法でない。)
  (英語でartificial radiation とは言わない、ただし人工放射性核種と言う用語はよく用いられる。)
地質違いによる自然放射線の例
自然放射線

自然放射線

生活環境には自然放射線と人工放射線があり、我々は常に放射線を受けている。 人類は、地球誕生以来地球上に残存している放射性物質からの放射線や、宇宙から地球上に降り注いでいる放射線宇宙線)を受けてきたが、これら自然界存在する放射線を自然放射線という。 自然放射線

自然放射線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/02/08 23:58 UTC 版)

自然放射線(しぜんほうしゃせん)とは、人間の活動が無くても自然界にもともと存在している放射線の総称である[1]。自然放射線による被曝の内、人間の活動により増幅された放射線による被曝は人工被曝に分類される場合もある。原子放射線の影響に関する国連科学委員会(UNSCEAR)による被曝の分類を参照。




[ヘルプ]

  1. ^ ここで言うラドンの核種には、ウラン238の崩壊系列で生じるラドン222と、トリウム232の崩壊系列で生じるラドン220が存在する

出典

  1. ^ a b 原子力百科事典ATOMICA【自然放射線(能)】
  2. ^ http://home.hiroshima-u.ac.jp/er/EV_H_S1.html
  3. ^ http://www.asahikawa-med.ac.jp/hospital/hoshasenbu/qa.html
  4. ^ http://www.chuden.co.jp/energy/nuclear/nuc_hosha/nuch_sizen/index.html
  5. ^ 国連科学委員会(UNSCEAR)2000年報告(「原子力・エネルギー」図面集2009)
  6. ^ 大学共同利用機関法人 高エネルギー加速器研究機構>放射線科学センター >暮らしの中の放射線>自然放射線の量
  7. ^ a b c d 広島大学のサイト内にある、市川定夫『環境学-遺伝子破壊から地球規模の環境破壊まで (第三版)』の内容の紹介ページ
  8. ^ ジョゼフ・ヴァイス著・本多力訳 『核融合エネルギー入門』 白水社、2004年5月30日。ISBN 4-560-05875-X
  9. ^ a b c d 東嶋和子著 『放射線利用の基礎知識』 講談社、2006年12月20日。ISBN 4-06-257518-3
  10. ^ 飯田博美編『放射線概論』 通商産業研究社、2005年7月20日。ISBN 4-86045-101-5
  11. ^ http://www.fepc.or.jp/learn/houshasen/seikatsu/shizenhoushasen/index.html
  12. ^ http://tech.eng.niigata-u.ac.jp/pdf4/014.pdf
  13. ^ http://iss.jaxa.jp/med/research/radiation/
  14. ^ http://www.rist.or.jp/atomica/data/dat_detail.php?Title_No=09-01-06-04
  15. ^ Encyclopedia Astronautica  http://www.astronautix.com/astros/polyakov.htm ]
  16. ^ 宇宙飛行の記録一覧
  17. ^ 太陽フレア
  18. ^ 自然科学研究機構-核融合科学研究所
  19. ^ http://www.ocrwm.doe.gov/curriculum/unit2/pdf/lesson3activity3.pdf (PDF)
  20. ^ http://www.orau.org/PTP/collection/consumer%20products/brazilnuts.htm
  21. ^ WHO HANDBOOK ON INDOOR RADON”. World Health Organization (2009年). 2011年5月28日閲覧。 国立保健医療科学院による邦訳:WHO 屋内ラドンハンドブック


「自然放射線」の続きの解説一覧





自然放射線と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「自然放射線」の関連用語

自然放射線のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

MOX燃料

テレメーターシステム

確率的影響

ゲルマニウム半導体検出器

核分裂

被ばく影響

国際単位系

電離箱





自然放射線のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
福井原子力環境監視センター福井原子力環境監視センター
Copyright (C)2001-2016 FERMC(福井県原子力環境監視センター) All rights reserved.
文部科学省文部科学省
Copyright (C) 2016 文部科学省 All rights reserved.
環境防災Nネットホームページ原子力防災基礎用語集
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの自然放射線 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS