腰斬刑とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 腰斬刑の意味・解説 

腰斬刑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/06/26 02:13 UTC 版)

腰斬(ようざん)、もしくは腰斬刑(ようざんけい)とは、古代から中世において中国で行われていた死刑執行の方法である[1]。文字通り、罪人の胴体を腰の部分で切断することで死に至らしめる。胴体を切断された罪人は即死することはなく、執行後10分から数十分後に出血多量やショック状態で死に至る。その間の苦痛が絶大であるため、特に重罪人に対して執行される処刑法とされた。




「腰斬刑」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「腰斬刑」の関連用語

1
16% |||||


3
6% |||||

腰斬刑のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

T002

ホットプレート

Cyber-shotTMケータイ SO905iCS

トリカブト

麝香

間隙比

新探偵小説

シグナスX





腰斬刑のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの腰斬刑 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS