脱腸とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > 状態 > 脱腸の意味・解説 

だっ ちょう -ちやう [0] 【脱腸】

腹部内臓腹壁裂け目から腹膜に包まれたまま外方にはみ出した状態。 → ヘルニア


鼠径(そけい)ヘルニア(脱腸,だっちょう)

お腹の中にある臓器小腸大腸大網という膜,女児であれば卵巣卵管)が飛び出してきて,鼠径部腫れくる病気を鼠径ヘルニア(脱腸)といいます.こどもの外科手術では一番多い病気です.発生率はこどもの1〜5%とされています.

原因腹膜鞘状突起という腹膜の出っ張り鼠径部に残っていることにあります腹膜鞘状突起は,胎生後半精巣腎臓の下あたりから鼠径部下降して来る時に腹膜鼠径部伸びてできたものです.女児精巣下降はありませんが,同じ現象発生します.精巣陰嚢内に下降した後は,多く場合自然に閉鎖してしまいます.右にも左にも出ることがあり,両側認めることもあります片側の鼠径ヘルニアの手術後反対側に鼠径ヘルニアが出てくる確率10程度といわれています.性別では男児だけでなく女児にも同様にみとめます.

ヘルニアのとおり道には狭い場所があり,飛び出し臓器がこの狭い場所で締め付けられ,飛び出し組織血流悪くなることがあり,これをヘルニア嵌頓といいます.一度ヘルニア嵌頓起こす脱出した臓器はむくみ,硬くなりお腹の中戻りにくくなります.こどもは痛みのため,不機嫌になります.このような時は両親が,慌てず抱っこなどして泣かさないようにしてから,時刻に関係なく直ぐに主治医連絡してください

年少児の鼠径ヘルニア自然に治ることもあるといわれていますが,自然に治ることを過度期待して手術時期遅らすことは良くありません.原則として嵌頓傾向のないこどもさんの場合施設により異なりますが生後4〜6ヶ月以降予定手術としますが,少しでも戻りにくい場合早期手術しても問題はありません.入院期間は1-5日程度で,日帰り手術施設あります手術ヘルニア原因になっている腹膜の出っ張りをなくし腹圧かかってお腹臓器脱出ないようにします.

鼠径ヘルニア手術は,簡単な手術のように考えられがちですが,専門的には難し側面多く小児専門施設での治療不可欠です.


鼠径ヘルニア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/11/29 08:43 UTC 版)

(脱腸 から転送)

鼠径ヘルニア(そけいヘルニア)とは、上部の鼠径靭帯で鼠径部の皮下に出るヘルニアのこと。別名脱腸


  1. ^ John T Jenkins, Patrick J O’Dwyer (2008). “Inguinal hernias”. BMJ 336: 269–272. doi:10.1136/bmj.39450.428275.AD. 
  2. ^ http://www.jreast.co.jp/hospital/consultation/syokaki-geka/hernia.htm


「鼠径ヘルニア」の続きの解説一覧





脱腸と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「脱腸」の関連用語

脱腸のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




脱腸のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日本小児外科学会日本小児外科学会
Copyright© 1999-2014 Japanese Society of Pediatric Surgeons.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鼠径ヘルニア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS