脱時間給制度とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 脱時間給制度の意味・解説 

脱時間給制度

読み方:だつじかんきゅうせいど

単純な時間労働でなく労働成果に応じて報酬支払制度通称いわゆる成果労働制、裁量労働制であり、ホワイトカラー・エグゼンプション日本制度である。日本政府は公式には「高度プロフェッショナル制度」と呼んでいる。

2017年5月現在、労働法改正案が国会審議されており、この改正案において脱時間給制度(高度プロフェッショナル制度)の導入検討されている。

改正労働法案では、脱時間給制度を年収1075万円上の高度専門業務従事している労働者に対して労働時間ではなく成果によって賃金支払制度として検討されている。高度専門業務とは、研究開発コンサルタント金融業などの高度な専門知識を必要とする業務を指す。

脱時間給制度が導入されると、高度な専門技能有する者が労働時間基準とする縛りから解放され、自分ペース業務を進めて効率化できるようになる、と期待される。他方、脱時間給制度は労働時間超過して業務従事しても残業手当休日手当などの支給対象から外れることになるという懸念指摘されており、反対派からは「残業代ゼロ法案」などと呼ばれることがある




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「脱時間給制度」の関連用語

脱時間給制度のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

思川

伊勢和紙

関根茂

坂元棚田

キングリバー号

ペグボード

PC-8001

ノビ





脱時間給制度のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2017 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.

©2017 Weblio RSS