脛骨とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > > > 脛骨の意味・解説 

けい こつ [1] 【脛骨】

二本下腿骨のうち内側にあって,下腿実質上の主幹向こうずねを成す太い骨。 → 腓骨(ひこつ)
「脛骨」に似た言葉


脛骨

読み方:ケイコツ(keikotsu)

むこうずねの骨


脛骨

英訳・(英)同義/類義語:tibia

ヒトの骨格のうちで、下肢一部、脛(すね)に相当する部分形成する骨。腓骨と対になり、膝関節を介して大腿骨連結する。
「生物学用語辞典」の他の用語
個体の器官や組織など:  脊索  脊髄  脚鬢  脛骨  脱皮    脳下垂体

脛骨

読み方けいこつ
【英】:Tibia

下腿の骨の一つである脛骨は、横断面三角形をした長骨で、骨のうちで2番目に長い下腿の前内側部に位置する。上端近位部)と下端遠位部)は膨隆しているが、上端の方がはるかに大きい。上端近位端)・下端遠位端)・骨体の3部にわけられる上端下端よりもはるかに幅広く強大であること、骨幹前縁が鋭い稜線をなしていること、下端内側部が下方突出してることを目やすにすれば、この骨の上下・前後方向の位置づけ左右判別比較的容易である。上端で孔内側および後外側方へ膨隆した部分が、それぞれ内側顆と外側顆である。

上面にある2個の平滑面が大腿骨関節する上関節面である。内側関節面楕円形陥凹しているが、外側関節面左右軸で凹面前後軸で凸面になっている内側外側関節面の間の隆起部が顆間隆起で、特に後方よりのところが顕著である。

顆間隆起内側および外側部の突出している部分が、それぞれ内側顆間結節外側顆間結節である。顆間隆起前後陥凹した部分それぞれ前顆間区・後顆間区である。近位端の前面三角形の粗な平面をなし、血管孔がある。粗面下端結節状の隆起達している。この隆起脛骨粗面で、上方小さいやや平滑な面に膝蓋靱帯付着する。近位端の周囲全体粗面になっているが、外側顆の外側下面腓骨頭対する小楕円形の平滑面・腓骨関節面がある。

脛骨体は3縁とのうち最も明瞭で、近位2/3ではとくに鋭利である。脛骨粗面外側部から始まり内果前面に終わる。全体に軽いS字状を呈するが、遠位端では鈍で平滑となる。

内側縁は丸みをおびており、内側後部から始まり内果後縁に終わる。外側縁は細い洗浄隆起として認められ、腓骨関節面前方から始まり遠位端は腓骨切痕を挟むように二分して終わる。骨間膜付着する骨間縁である。内側面は広くやや丸みをおび比較平滑である。

外側面は内側面より狭く平滑であるが、近位1/3に前脛骨筋がおこる浅い溝である。後面近位1/3にある斜上外側腓骨関節面内側下方)から斜下内側へ走る隆線ヒラメ筋線である。この筋線の下外側部に上方から入る栄養孔がある。中1/3に上下方向に走る低い隆線がある。隆線の広い内側部から長趾屈筋が、狭い外側部から後脛骨筋がおこる。他の部分滑らかで筋におおわれる

遠位端(下端)は膨隆しているが近位端より小さい。近位内側部で下方突出し部分内果で、内果外側面は平滑内果関節面をなし距骨対す関節面一部をなす。遠位下面距骨対す下関節面をなし、平滑前後凹面左右凸面呈する前後に走る引くい隆起があり関節面二分している。

前面平滑丸みをおび、伸筋群の腱で被われる。前面遠位端には横走する浅い溝があり、足関節包が付着する。後面中央やや外側には長母趾屈筋腱が通る縦方向の浅い溝があり、内側には斜上外側から斜下内側へ走る長趾屈筋後脛骨筋の腱が通る内果溝がある。外側面の三角形陥凹した粗面腓骨切痕である。内側面は内果として遠位方向突出しており、丸みをおび皮下触れることができる。

Tibiaというラテン名詞には「スネの骨」のほかに笛の意味もある。Tibiatuba笛)から変じたという節もあるし、また古代の笛は鳥のスネの骨で作られていてので、tibiaはもともとスネの骨を指すのだとも言う。脛はもちろんスネである。

A02506001a.jpg (9447 バイト)

A02506001b.jpg (22870 バイト)

A02506001c.jpg (22633 バイト)

A02506001d.jpg (11511 バイト)

A02506001e.jpg (10773 バイト)

A02506001f.jpg (5776 バイト)

A02506001g.jpg (36848 バイト)


脛骨

【仮名】けいこつ
原文shinbone

膝と足首の間の2本の骨のうち大きい方の骨。「tibia(脛骨)」とも呼ばれる

脛骨

【仮名】けいこつ
原文tibia

膝と足首の間の2本の骨のうち大きい方の骨。「shinbone(脛骨)」とも呼ばれる

脛骨

作者津原泰水

収載図書屍者の行進異形コレクション 6
出版社広済堂出版
刊行年月1998.9
シリーズ名広済堂文庫

収載図書綺譚集
出版社集英社
刊行年月2004.8

収載図書綺譚集
出版社東京創元社
刊行年月2008.12
シリーズ名創元推理文庫


脛骨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/03/10 00:32 UTC 版)

脛骨(けいこつ、ラテン語:tibia、英語:shin bone)とは、四肢動物の後肢を構成する長骨の一つである。腓骨とともにから足首の間を構成し、脚の内側前面にある。大腿骨に次いで2番目に長い骨である。




「脛骨」の続きの解説一覧





脛骨と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

脛骨に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「脛骨」の関連用語

1
100% |||||

2
92% |||||

3
92% |||||

4
92% |||||

5
92% |||||

6
92% |||||

7
92% |||||

8
92% |||||

9
92% |||||


脛骨のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

側頭骨

胸骨

前頭骨

肩甲骨

大腿骨

前腕の骨

踵骨

寛骨





脛骨のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
JabionJabion
Copyright (C) 2016 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
船戸和弥のホームページ船戸和弥のホームページ
Copyright (C) 2016 船戸和弥のホームページ All rights reserved.
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2016 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの脛骨 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS