脚質とは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 競馬用語 > 脚質の意味・解説 

きゃくしつ(脚質)

逃げ先行差し追い込みなど、その馬が得意とする走り方。


脚質

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/12/23 14:37 UTC 版)

脚質(きゃくしつ)とは、公営競技において競技対象の走行の方法に関する分類のことである。以下、本項では主に競馬における競走馬の代表的な脚質について記述する。


[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 池田2010、58頁。
  2. ^ a b c d e f g h 池田2010、59頁。
  3. ^ 池田2010、58-59頁。
  4. ^ 終盤までスタミナを保てるようなスローペースなど、ペース配分が馬に適していたり、作戦どおりに運ぶことのできたレースについて総括する場合に用いられる。
  5. ^ 但し、全ての馬がスタートが得意ということはなく、プリテイキャストの様にスタートが下手な逃げ馬もいる。
  6. ^ 競馬用語で「テンの速さ」という
  7. ^ 最後の直線で再加速する事を、競馬においては「二の脚を使う」と言う。
  8. ^ 戦術面での融通性を優先し、通常は気性や能力に問題が無ければ先行・差しを目指す。例えば、サイレンススズカも当初は先行、もしくは差しの戦法で走らせようと陣営が試みている。
  9. ^ 理由はカブラヤオーの項を参照。
  10. ^ 実際、プリティキャストやイングランディーレの天皇賞における逃げ切りは、前述の人気薄で警戒されなかったことも要因の一つとなっている。
  11. ^ 現在は最大18頭に制限されているが、昔は最大33頭立てでダービーが行われた事もある。
  12. ^ 代表例は、第23回ジャパンカップ勝ち馬のタップダンスシチー
  13. ^ ただし、二の脚を使うのは苦戦時だけで、後続との差がある時はさほど使わないか全く使わず逃げ込む事が多い。
  14. ^ 例えば、タップダンスシチーが行った、「先頭で13-11-13-11・・・・・と1F毎のラップを刻み、変則ペースで後続馬のスタミナを消費させての逃げ切り」などが挙げられる。
  15. ^ 「僅差で追走してもらった方が好都合なタイプ」な為、このタイプにとって大逃げ展開はそれ程喜ばしくない。
  16. ^ a b c d e 池田2010、60頁。
  17. ^ 競馬用語では「好位差し」とも言われる。
  18. ^ a b 池田2010、61頁。
  19. ^ 但し、この利点は芝コース競走のみで発生し、ダートコースでは原則的に起こらない。
  20. ^ 代表例として、東京競馬場が挙げられる。
  21. ^ 「出遅れ気味~完全に出遅れ」など言い方は幅広く有る。
  22. ^ 例えば、逃げ脚質の競走馬がゲートで出遅れ殿(しんがり)からの競馬を強いられるようなパターン。
  23. ^ 先行と差しとの比較では差しのほうが危険性が高く、第36回東京優駿でのミノル惜敗の理由として、最内枠を引き当ててしまった事を挙げる者もいる。
  24. ^ 実際、第49回東京優駿でフライングを犯したロングヒエンが、折角手に入れた内枠5番枠から大外30番枠からのスタートを余儀無くされ、無理逃げした結果15着惨敗を喫している。
  25. ^ 序盤の周回中に前の位置を確保したい場合、内枠の選手がやや有利になる程度である。


「脚質」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

脚質に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「脚質」の関連用語

脚質のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




脚質のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JRAJRA
Copyright 2014 Japan Racing Association.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの脚質 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS