脚立とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 道具 > 踏み台 > 脚立の意味・解説 

きゃ たつ [0] 【脚立・脚榻

二つ梯子(はしご)両側から合わせ,上に板を載せた形の踏み台

【脚立】(きゃたつ)

  1. 手の届かない、高所作業を行うために使用するハの字状の踏み台

  2. エアショー人影影響を受けずに飛行機撮影するための道具。特に飛行機ファンの間ではこちらの意味で言う。
    混雑するエアショー会場では大変便利な道具であるが、その反面自分より後ろの人の視界大幅に奪い、迷惑になるという短所持ち合わせている。
    最近ではマナー違反であるとの認識が深まり、使用禁止アナウンスする所も増えているが、利用者一向にお構いなしなのが現状である。

きゃたつ 脚立 trestle

高いところで作業するのに用いる自立性のはしご。 二つのはしごを向かいあわせ組み立て用具で、 2台を並べて足場板を乗せて足場としても使う。

脚立

高い位置での剪定高垣などの刈り込みに必要な道具である。剪定作業に使われる脚立の一般的な構造は、長さ3mほど、直径5cmくらいのスギあるいはヒノキなどの丸太を、三角形組み立て、足を掛ける30~35cm間隔に横に打ち付け、さらに支えとなる長さ2.5mほどの竹の棒を一番上取り付けてつくられている。最近同形アルミ製のものもあり、現場でよく用いられている。  実際に脚立を使って作業を行う場合は、脚立を立てたら、支えの棒とロープで結び、脚立が開いて倒れないようにする。足と地面角度75度以下と規定されている。  脚立に上っての作業は、通常、上から3番目か4番目くらいのの所までを目安にし、必ずに足をからめて安全を確保する。  脚立は前後動きに対して安定感があるが、横方向の動きに対しては不安定なので、左右を切るときなど、あまり無理な姿勢作業を行うと危険である。

梯子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/04/03 00:52 UTC 版)

(脚立 から転送)

梯子(はしご、ていし、英語:ladder)とは、昇降のための道具[1]。はしごに「梯」や「階子」の字をあてることもある。の表面などに立てかけて使う固い材質(木・竹・金属など)でできたものと、頂上から吊るして使うなどでできたものがある。固い材質の梯子は移動して用いられることが多いが、建物の壁に永久的に固定されているものもある。鉄道車両においては緊急時に車両から脱出する場合に使用する。


  1. ^ a b c d 日本民具学会 『日本民具辞典』ぎょうせい p.443 1997年
  2. ^ 参考・早稲田大学 古典籍総合データベース内において、当書の絵図の観覧が可。


「梯子」の続きの解説一覧





脚立と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

脚立に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「脚立」の関連用語

脚立のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

OH-6

めじごて

レッドアローズ

高枝剪定バサミ

F-22

クレーン

ポストストール機動

スコップ





脚立のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2016 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
社団法人日本造園組合連合会社団法人日本造園組合連合会
JAPAN FEDERATION OF LANDSCAPE CONTRACTORS 2016 All rights reserved
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの梯子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS