脈経とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 脈経の意味・解説 

脈経

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2008/12/26 12:52 UTC 版)

脈経(みゃくきょう)は、中国医学古典の一つであり、代の王叔和による脈診書である。王叔和は、張仲景の医書(『張仲景方』)を『傷寒雑病論』として編纂したことでも有名である。 脈診については、『脈経』より古い医書にも記載があるが、脈診の専門書としては最も古い。日本の鍼灸における脈診といえば、『難経』を基礎とするといわれているが、これは誤りであり、むしろ基礎的には『脈経』の巻一の内容が詳しい。




「脈経」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

脈経に関連した本

脈経に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「脈経」の関連用語

脈経のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

空力中心

引っ掛けリーチ

若狭和田海水浴場

カツオ

がけ崩れ

822SH

腰椎

尾瀬国立公園





脈経のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの脈経 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2015 Weblio RSS