脇割りとは?

Weblio 辞書 > 生活 > ジーンズ用語 > 脇割りの意味・解説 

脇割り

アウトシーム内側縫製方法のひとつで、生地の端を開いて縫製された部分が、生地が開いているように見えることから名付けられたとされている。
脇割り 英語では、日本語同様にオープンシーム(OPEN SEAM)と呼ばれる
縫製方法は、シャットル織機で織られた耳付き生地使用するときの方法一緒だが、生地端が耳ではなくロックされているのが違いであり特徴歴史的には、セルビッジデニムの脇割り、ロック生地の脇割り、そしてインターロックへと変遷する。

脇割り

脇割り
広幅デニム開発により生まれシーム内側縫製手法セルビッチ赤耳)の代わりにロックされた生地端が割り縫い縫製されていることから、「脇割り」と呼ばれる。脇割り以後は、インターロックによるシーム縫製主流となる。





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

脇割りに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「脇割り」の関連用語

脇割りのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

メルトンウール

カバードボタン

ステューシー

パッチ

ボティーガード

チェーンステッチ

ロングLee

ファイブポケット





脇割りのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
WranglerWrangler
Copyrights2002-2016(c) Lee Japan Co.LTD. All rights reserved.
Red cloudRed cloud
Copyright©2016. Red cloud Co.,Ltd All rights reserved

©2016 Weblio RSS