胸郭とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 器官 > 胸郭 > 胸郭の意味・解説 

きょう かく -くわく [0] 【胸郭】

胸部の骨格ヒトでは一二個の胸椎(きようつい一二対の肋骨一個胸骨からなり,籠状をなす。心臓・肺・食道などを保護し,胸筋により運動して呼吸助ける。 → 胸腔(きようこう


胸郭

読み方きょうかく
【英】:Cavea thoracis,Thoracic cage

胸郭は脊柱胸椎)、肋骨及び胸骨の3者で構成され、それらによって囲まれた腔即ち胸郭の内腔胸腔という。この腔と、内臓系の胸膜腔とは、まったく別ののであるから注意のこと。胸郭を前面から見ると下縁左右ともに、下方へ凸弯している。これを肋骨弓という。

左右肋骨弓の間にできる角を胸骨下角といい、約70゜である。胸椎肋骨胸骨構成する骨格を胸郭という場合と、この骨格構成する体幹部分を胸郭という場合とがある。胸郭(骨格)の前壁は胸骨肋軟骨肋骨前端からなり側壁肋骨体後壁肋骨後端と胸からなる。これらの囲まれた内腔胸腔である。胸郭は上方が狭く、前後に圧平された状を呈し、前後径より左右径が大きい。

第7肋骨胸骨への付着部と、第9または第10胸椎をまわる部分が最もふくらんでいる。ただし、新生児の胸郭は底面が広い円錐形である。脊柱両側では肋骨後方より突出しているので、胸腔横断面腎臓形を呈している。脊柱両側では肋骨後方弯曲している。このためにできる縦方向の溝が肺溝で、肺の後端が入る。下位肋骨肋骨角ほど外方にあるため、肺溝下方ほど幅が広い。胸郭の背面で、遠きと横突起の間に深い縦溝、横突起肋骨角の間に浅い立て溝がある。

吸気時に肋骨は、肋骨頭肋骨結節とを結ぶ線を軸に挙上するので、前後径、左右径とも大きくなる下位肋骨は斜径が強いため、肋骨窩部が強く前方押し出される。第1胸椎、第1肋骨胸骨柄上縁で囲まれる部分胸郭上口で、後縁より前縁下方にあり、男性より女性傾斜が強い。また、胸骨柄上縁は第2胸椎下縁位置する。第12胸椎、第12肋骨、第11肋骨尖端肋骨弓剣状突起連なる部分胸郭下口で、横隔膜によってふさがれている。第7・第8・第9・第10肋軟骨連結し、胸骨体剣状突起境界部にいたる前下縁肋骨弓で、左右肋骨弓剣状突起のところで合して、約70度の角度をなす部分胸骨下角である。おのおのの上下の肋骨間の隙間肋間隙で、11個ある。最下の2個は前方に開いている。第7および第8肋間隙が最も長く広いが、上下に行くにしたがって短く狭くなる。1個の肋間隙では、後方より前方広く肋骨体肋軟骨境界部で最も広いが、前方に行くにしたがって再び狭くなる。胸椎肋骨との間には肋椎関節があり、この関係は更に肋骨頭関節肋横突関節との2つに分けられる。そしてこの両関節を結ぶ線として上下方向回転運動が行われる。これがいわゆる胸式呼吸運動である。上位7対の肋軟骨はおのおの別々に胸骨との間に胸肋関節を営むが~Ⅹ()の肋軟骨胸骨とは直接つながりがなく、それぞれ直ぐ上の肋軟骨くっついていて、結局肋軟骨を介して直接胸骨につながる。しかし(Ⅹ)、ⅩⅠⅩⅡ肋骨は非常に短くて胸骨とは全く関係がない。なおⅤあるいは肋軟骨隣り合う2つの肋軟骨半関節で結ばれていて(軟骨関節)、上下のものがくっついている。

胸郭はほぼ円錐形カゴのようなもので、その中に胸腔という広い空間包み、肺や心臓容れる胸郭上口からは頚部の内臓血管神経入り胸郭下口には横隔膜が張っていて、胸腔腹腔境する。また肋間隙には肋間筋および肋間血管神経がある。胸郭の前下端すなわち胸郭下口前縁では~Ⅹの肋軟骨が合して、左右それぞれ弓状カーブをえがくので、肋骨弓といわれ、左右肋骨弓胸骨下端で合してなす角度は約70°で、そこを胸骨下角という。胸骨の体と柄が結合するところ前に突き出ており、身体の表面から触れることができる。ここを胸骨角名付け、ちょうど第二胸骨関節の高さに相当するので、肋骨の高さを決めるとき目印になる。胸郭の後面をみると、肋骨が前外方方向変えるところは急に曲がるので、肋骨角といわれる

胸郭の内面では助骨角に相当するところが凹んでおり、肺の後縁容れる。この部分は胸郭全体からみると大きな溝をなすので肺溝呼ばれる。胸郭を構成する脊椎胸椎)は全体として生理的に軽い胸部弯曲になっているが、これがひどくなったものは脊椎後弯といわれる。胸郭の形は人と四足動物とで大きな違いがある。その原因人間が立って歩くようになったためと考えられる。すなわち人の胸郭は平たく肋骨脊柱よりも後ろ張り出しており、従って身体の重み支え脊柱は胸郭の中心に近いところを通るようになっているしかるに四足動物の胸郭は腹背径の方が左右径よりも大きく、また助骨角の角度鋭くない。そして肋骨脊柱よりも背方に飛び出るようなことはなく、脊柱が胸郭の最背部(つまり一番上)にあって、胸郭を吊っているような形になっている。人の脊柱を家の例えると、四足動物に相当する。

体重支え脊柱が人では身体の中心部に近い所を通っており、しかも胸郭の前後径が短いことは立って歩くとき安定がよいことになる。このことは脊柱位置と胸郭の前後径について、テコの原理当てはめると簡単に理解できる。

臨床]胸郭への外傷も、ことに交通事故などでしばしば起こる。小児場合には肋骨男性があるので肋骨骨折はまれである。成人場合肋骨骨折抵抗性の弱い肋骨角部位に起きやすい。しかし第1および第2肋骨鎖骨大胸筋とで保護されており、第11および第12肋骨もそれらの浮動性のために傷つくことは稀である。強い衝突事故などでは数多く肋骨折れことがある。右か左の片側だけに肋骨骨折が起きる場合でも、肋骨角付近前方肋骨肋軟骨境界付近との2カ所で、肋骨折れることがあり、これは動揺胸を来す。もしも胸骨両側での肋骨骨折が起これば胸骨動揺することになる。いずれの場合でも胸壁安定性が失われ、遊離した胸郭部分吸気のときは引き込まれて呼気の時は突出するという奇妙な動きを示すようになる。肋骨骨折の危険な合併症として、肺あるいは上腹部内臓(特に肝臓あるいは脾臓)の損傷が挙げられる。

A02304001a.jpg (49388 バイト)

A02304001b.jpg (55680 バイト)

A02304001c.jpg (40643 バイト)

A02304001d.jpg (34438 バイト)


胸郭(きょうかく)

胸を囲む骨全体で囲まれるスペースを胸郭と呼びます。胸椎12個、肋骨12対、胸骨1個によって作られています。肺や心臓などの胸部の内臓支え保護するとともに呼吸運動にも関わっています。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/08/22 02:37 UTC 版)

(胸郭 から転送)

(むね)とは、人体においてと腹部に挟まれており、脊椎より前方の部分である。また、動物において、それに対応する部位をさす。内臓部分を意味する場合と、身体の外形、特に乳房を意味する場合がある。ヒトのように肋骨により保護されている場合や、昆虫など外骨格を持つ生物においては胸郭(きょうかく)と呼ばれる(昆虫の構造)。哺乳類の胸郭内の体腔は後方を横隔膜で仕切られて他の体腔から分離するので、胸腔(きょうくう)と呼ばれ、そこに心臓を収める。




「胸」の続きの解説一覧





胸郭と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

胸郭に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「胸郭」の関連用語

胸郭のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

仙骨

頭蓋

上顎骨

鎖骨

大腿骨

頭頂骨

側頭骨

足の指骨





胸郭のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
船戸和弥のホームページ船戸和弥のホームページ
Copyright (C) 2016 船戸和弥のホームページ All rights reserved.
VOL-NetVOL-Net
Copyright(C) 2002-2016 声を聴き合う患者たち&ネットワーク「VOL-Net」. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの胸 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS