胃カメラとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 工業 > 装置 > カメラ > 胃カメラの意味・解説 

上部消化管内視鏡

(胃カメラ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/05 22:29 UTC 版)

上部消化管内視鏡(じょうぶしょうかかんないしきょう)とは、一般に消化器科にて用いられる内視鏡もしくは検査・治療手技のこと。食道十二指腸までの上部消化管を観察する。英語では機器は Esophagogastroduodenoscope、手技はEsophagogastroduodenoscopyと異なるが、日本語では同じ語句を用いることが一般的である。胃カメラ(Gastoroscopy)とも呼ばれている。日本での略称は現在はEGD(Esophagogastroduodenoscopy)である。かつてはGIF(Gastrointestinalfiberscopy)であった。


[ヘルプ]
  1. ^ プロジェクトX 004 「ガンを探し出せ」~完全国産?胃カメラ開発~
  2. ^ プロジェクトX 004 「ガンを探し出せ」~完全国産?胃カメラ開発~
  3. ^ 毎日新聞. 1950/10/30. 「胃の難病何でも来い、世界的腹中カメラ完成、医学・光学の四人の協力、来月学会に発表」
  4. ^ Can J Gastroenterol. 2007 January; 21(1): 25–29.
  5. ^ http://www.pariet.jp/alimentary/endoscope-19.html
  6. ^ 臨床消化器内科 Vol24 No10, 2009
  7. ^ Tajiri H et al: Proposal for a consensus terminology in encoscopy; Endoscopy 40; 775-778, 2008
  8. ^ http://www.pariet.jp/alimentary/endoscope-20.html
  9. ^ Medical ASAHI; (39)7: 18-19, 2010
  10. ^ 消化器外科 30:1435-44, 2007
  11. ^ 河原 祥朗. 上部消化管、画像強調内視鏡(IEE)の実践的活用法. Next Magazine. 2014;11:1-2.
  12. ^ http://fujifilm.jp/business/healthcare/endoscope/lasereo/index.html
  13. ^ http://www.pariet.jp/alimentary/endoscope-19.html
  14. ^ 遠藤豊. 日本医事新報 2014; 4686:81-82.
  15. ^ http://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMicm1703305
  16. ^ http://www.pariet.jp/alimentary/vol54/no556/sp11-01.html


「上部消化管内視鏡」の続きの解説一覧





胃カメラと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

胃カメラに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「胃カメラ」の関連用語

胃カメラのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

サメガレイ

重信川

OH-6D

リジットウイング

ショウゲンジ

発泡酒

セットインスリーブ

SAS





胃カメラのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの上部消化管内視鏡 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS